試練を乗り越えて気づいた意思の力

12月16日㈰にスタジオで、JR脱線事故で被害に遭われた浅野千通子さんのお話会を開きました。

10月にボランティアグループ「CARE」で行われたときに参加できなかった方々からの要望で実現しました。生徒さんが多くてアットホームな和やかムードで行われました。

被害の大きかった2両目に彼女は乗っていました。ほんとに奇跡としか言いようのない状態で救助隊に助けられました。14か所の骨折、痛み止めを打ちながら、体の腫れが治まってから手術を行ったそうです。その何日間は、少しでも体を動かしたら大声を発するほどの痛み・・・よく乗り越えました。

しかし、彼女は、その痛みも亡くなられた方々を思うと乗り越えられたそうです。3年ほどしたころには普通に歩けるまでに快復しました。体が治ったのだから、もう大丈夫と思った頃から精神疾患を発症します。鬱とそうを繰り返し、およそ10年くらい苦しみました。

お世話になった方々に恩返し、社会に貢献していこうと頑張っていた時に、築きあげたものが崩れ落ちていきました。。。

自分は生きる価値がないと攻め続け、消えてしまいたい!そんな日々が続いたそうです。両親や姉妹さえも敵に見えていました。

今、振り返るといつも家族は無償の愛で守っていてくれました。体調が悪いと飛んできてくれる家族。そんな支えのお陰、そして、あるときに社会貢献よりも、まずは自分が幸せになることが、家族への恩返しであると気づきます。まずは、自分が幸せになること。強い意思の力が働きました。社会から切り離されたという思い込みから抜け出す意思の強さです。

現状から抜けるには、自分の意志力が必要。その場に居続けるのを選ぶのも意思の力です。どちらを選択するかで全然違ってきます。

その場所に居続けるのも自分が選んでいます。前に進むには不必要なものを手放す意思の力が必要です。手放した先には本当にやりたいことがやってきます。自分の人生を選択するのは自分自身でしかないのです。彼女が苦しかった時期から抜け出せたのは、大きな意思の力によるものです。お話を聞きながら強いものが伝わってきました。

彼女は自分の人生に前向きに力強く、そして人生を楽しんでいる姿に力をいただきました。

上の山の写真は、先日、スタジオの生徒さんと山登りをした時の写真です。登り始めたら進むしかありません。登ったり下ったり、平坦な道はありません。一歩一歩と踏みしめ、今を生きている自分がいました。

一つ目の目的地、山の頂上に辿りついたら、清々しさが堪能できました。そして、また下ったり、少し登ったり、また次の目的地を目指します。山頂の景色を堪能したら、また歩き出します。山登りは人生のようだと例えられますが、ほんとにそうですね。また、次の景色がみたいなあ。この達成感を味わいたくて、また歩き出している自分がいます(^0^) さあ。次はどこの山に行こうかしら?

★ スタジオプラーナ神戸 マタニティ&ベビーヨガ担当 水谷 ★

 

ヨーガセラピーで、自分自身に思いやりを・・・

今年もあと一か月ですね。

師走は、気持ちがバタバタ、ソワソワしてきますね。そんな時ほど、少しの時間を作って自分の内側に意識を向けてみませんか?

リラックスをする時間を持つことで、その後の行動に無駄がなくなります。今すぐにやらなければいけない事、来年でもよいこともありますよね。

簡単な動きに呼吸を合わせながら、中のリズムを整えていきましょう。無駄な考えすぎや、思い込みを手放していきましょう。

今年一年を振り返って、自分の役割を果たすことができましたでしょうか?

来年に向けての準備として、自分に思いやりの目を向けながら、頭の中を整理していきましょう。

12月22日(土)15:30~17:00は、瞑想のクラスもありますよ。

★☆★スタジオプラーナ神戸 ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆★

古代インドの叡智を学んできました。

11月16日(金)~18日(日)に、東京で開催されたクリシュナマチャリア師の孫、カウストゥップ・デシカチャー先生のワークショップに参加してきました。通訳は、クリシュナマチャリア師のヨーガを関西に広めてくださっている宗近幸代先生でした。

最終日の18日は、クリシュナマチャリア師の生誕の日(1888年11月18日)でもありました。教えを伝えてくれた師への感謝を込めてお花を捧げてマントラを唱えました。

その生誕祭のラストに先生が選び唱えたマントラは、「Sraddhasukutan」

クリシュナマチャリア師がグルから受け取り、ヨーガのベースになっている何千も前から受け継がれている尊いマントラです。

ヨーガの技術を知ることよりも、ヨーガを上達させるために大切なものとはなんでしょうか?

信じること、自己啓発力、目標を絶対に達成することが出来ると心の中で強く思うこと。その為の変化が何であろうと、それは関係ないのです。

どんな素晴らしい練習を師から与えられたとしても、受け取る人の心が開かれていなければ、その恩恵を受けとることはできないのです。このマントラには、心を広げる力があります☆

Sraddha

女性がヨーガを学ぶことが出来るようになったのも師のお陰です。この言葉はヨーガを学ぶ女神達と相性がよく、女性を強くしてくれる美しい言葉です。

自分を信じて自分らしく生きていく、前向きな力をいただけた三日間でした★今も、私の心の中にマントラが響いています☆

★☆ スタジオプラーナ神戸 ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

~ 今いる場所で豊かに生きる ~

がん患者グループ「ゆずりは」の定例会の11月の講演の様子です。

今回の講演者は、「ゆずりは芦屋サロン」に毎回参加してくださるALS患者である西村隆さんと奥さん、そして息子さんの止揚くんでした。

20年前に西村さんは、ALS患者であることを確定診断されました。その時のALSの平均的な情報は、「治療法がない」「全身の筋肉がマヒして寝たきり」「余命5年」ということでした。西村さんは、その情報に翻弄されて落ち込むばかりでした。

しかし、20年経った今も家族と共に豊かに生きています。

体の機能の大半は奪われているのですが、家族の温かさに包まれて自宅で暮らしています。先月、ALS患者会に参加した時に、最近に病気が確定されたという2つの家族と話をする機会がありました。その家族も西村さんが確定申告を受けたときのような情報に翻弄されていました。情報が多すぎる現代社会では仕方のないことですが、西村さん家族の話を聞いて、とても安心したそうです。西村さん家族には、計り知れない力があります。

西村さんの奥様は、西村さんのことを一人の人間としての尊厳を大切に、ALSの病気も個性として感じて、出来るだけ普通に接してくれています。お互いの大きな存在感★

西村さんの著書の中にも多くのエピソードが載っていますが、互いを尊敬し合う温かいご家族の姿には大きな勇気をいただけます。

日々の生活は奇跡の集まりです☆ 命は輝いています。

Being(あること)

すべての人は、その人の内なる力でその人らしく生きる。今回も、心に響く素敵な言葉の数々をいただきました。

ガン患者会「ゆずりは」の活動にも触れてくださり、患者会の存在は大切で、「自分を肯定してくれる場所」「誰かの役に立つことで自分の存在をしる」という話もしていただきました。

毎日が奇跡★ 日々の生活の一瞬一瞬を大切に生きていきたいと強く思える講演会でした。

西村さんの奥さまは、太陽に向かって咲いている向日葵のような方でした💛

★☆ スタジオプラーナ神戸 ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

★天使の力で笑顔になれる★

一枚のガラスを挟み内側と外側の世界。

感じる空間、温度、空間の広さ、全てが違う。手が届きそうで届かない。同じ時を過ごす空間。

外側から中を見る子供の目は、ママやお友達の動きを眺める。ママを見ては離れることへの不安感。私をぎゅっと掴む。

お友達を見ては笑顔で微笑んだり、言葉にならない何かを伝えようとしているようにも見えます。

内側から外を見る子供の目は、外に広がる空間を楽しむ。走る電車、車、人、風になびく木々。お友達や私を見て、笑顔で手を差し伸べてきます。ママと同じ空間にいることでの安心感が感じられます。

そして、内側と外側が一体化した時に生まれた笑顔は、心の中から沸き上がる笑顔、ほんとうに屈託のない笑顔が生まれます。天使たちといると、私の笑顔も全く違っているのです(^0^)

子供といる時にママさんが撮ってくれる写真を見てビックリすることがあります。「私ってこんな笑顔ができるんや~」写真を撮られるのが苦手だった私から自然な笑顔が溢れています(^0^)

外の世界と自分の心が一つになった時に心から笑顔が沸き上がるのですね。そこにあるのは安心感💛 子供は、ママの見守る姿が安心感につながっています。天使たちの笑顔には本当に癒されます。

これからも繋がり広がる笑顔をいっぱい見ていきたいです💛私もいっぱい笑いながら、この時を、天使たちとママさん達と一緒に味わっていきたいですね。

★☆ スタジオプラーナ神戸 ママ&ベビーヨーガ担当 水谷 ★☆

 

 

 

 

ママ&ベビーヨーガクラス ★ハロウィンパーティ★

10月の末にハロウィンパーティをスタジオで行いました!

可愛い衣装で皆さん集合して、ワイワイガヤガヤ(^0^) 魔女の宅急便、悪魔、可愛い小人、かわいい魔女達は、本当にかわいかったです💛💛💛

写真大会から始まり、美味しいお弁当を食べながら、ママの独身時代の趣味の話、最近の楽しみなど、色々といっぱいお話できました。

大変だけと、あっという間の子供の成長、その時、その時の大切な時間をお子さんと精一杯楽しんでほしいですね(^0^)

★☆ スタジオプラーナ神戸 ママ&ベビーヨーガ ★☆

試練をどう乗り越えるか・・・

プラーナのスタジオで、何度か一緒にイベントをしてきた「CARE」のイベントに今回もボランティアで参加してきました。

今回は、精神疾患(メンタルィルネス)のワークショップでした。講演者は、「CARE」の親子ヨーガにも参加したことがある浅野千通子さんでした。

彼女は、およそ14年前、福知山線脱線事故に通勤途中に遭遇しました。気楽なOL生活を送っていた彼女が、その事故をきっかけに身体、心、そして命と向き合うことになりました。

彼女が乗っていた2両目の乗客の半数が命を落とされたそうです。彼女自身も、事故の瞬間は、自分の人生が終わることを覚悟したそうです。「覚悟して、そっと目を閉じて流れに身をまかせた」と語っていました。私には、想像できない場面です・・・

意識を失っていた彼女が、病院で目が覚めた時、周りにいた家族にこう言ったそうです。

「私、生きられたから。生きられたから絶対によくなる!」

必死の試行錯誤のリハビリをして、車椅子生活から、やっと歩けるようになった頃に彼女に様々な試練がやってきました。無理な乗車訓練に失敗し、救急病院に運ばれたことをきっかけに、心がどんどん不安定になり、どん底まで落ち切ったそうです。

体が元通りになれば、元気になり社会に貢献していこうと強い思いを持ち始めたときに、実は心は自分が思っていた以上に傷ついていたのです。少しよくなっては、更に大きな波に襲われ、それを繰り返しながら、14年が経ちました。今は、奇跡的に結婚、自然分娩で男の子を出産するまでになりました。

それらを全て受け入れ、事故に遭ったことより遥かに大きかったその試練を乗り越えた今、一つ彼女が思うことがあると講演会の最後に語っていました。

「人は皆、どんな大きな試練をも必ず乗り越える力を備え持って、この世に生まれてきていると確信しています。その底力こそが私を救ってくれたのだと思います。」

未来を真っすぐにみて、丁寧な言葉で語る彼女はとても輝いていました。

彼女の講演を聞きたいというスタジオの生徒さんの為に、スタジオプラーナ神戸で12月16日(日)にスタジオで講演会を開催します。詳しい時間など詳細が決まりましたら、ブログにupしますね。

★☆ スタジオプラーナ神戸 ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

生まれてきてくれてありがとう💛

先日、参加したマタニティヨーガ協会で、赤ちゃんの泣き声とお産のかかわりについてのお話がありました。周りの方々に大切にされてのお産、本人も大切にされていると感じて臨むお産についてでした。

出産の日、赤ちゃんに出会えたとき、産声を聞いたとき、どんな言葉が自然と出てくるでしょう。

「生まれて来てくれてありがとう」

「頑張ったね」

「やっと会えた、嬉しいよ~」

心から沸き上がる思いですね。

大切にされながら望めた出産だから、赤ちゃんに出会えた嬉しさ、周りの方への感謝気持ちから沸き上がってきます。

経過は様々であっても、赤ちゃんに出会えた時に満足感を味わえたことで、穏やかな子育てに繋がり、赤ちゃんの泣き声に関係するというお話でした。自分で、これで良し!周りに感謝できることで、子供の健やかな成長にもつながります。お母さんが良し!これで良かった!出会えて嬉しい!これがやっぱり、子育てのベースになってくるのですね♡

私の場合を思い出すと、長女を出産したとき、側にいてくれた助産婦さんが天使に見えました(^0^) 皆さんに大切にされた出産だったと改めて思い出し感じます。そして、満足したお産も経験しましたが、穏やかに子育てが出来るときと、そうでない時もありましたよ(-0-)

みなさんにお伝えしたいことは・・・そんな時!

目の前の赤ちゃんに

「あなたがいるだけて嬉しい♡」

「あなたがいるだけで幸せ♡」

自分自身(赤ちゃんのママ)には・・・

「あなたのままでいいんだよ」

「あなただから出来るんだよ」

私は、自分の器以上のことをしようとすると顔が引きつります。ありのままの自分に返り、自分の出来る範囲で出来ることをします。いっぱい、周りの方にお手伝いをお願いしてもいいのですよ。

ありのままの自分で、いっぱい触れて抱きしめて、語りかけてお産に望みましょう♪ そして、子育てを楽しみましょう♪

上のピカソの写真は、子育ての経験を思い出させてくれる大好きなカードです💛

★☆ スタジオプラーナ神戸 マタニティヨーガ担当 水谷 ★☆

 

 

 

 

 

がん患者さんの為のアピアランスケア

10月8日(月)祝日に「勇気の羽根」主催のイベントに参加させていただきました。その中で、ケアリングヨーガの実技体験会を行いました。

アピアランスケアとは、「医学的・整容的・心理社会的支援を用いて、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケア」と定義されています。

治療によって変化した外見を、様々な方法を用いて、患者さんの外見に関わるつらさを軽くすることを目指しています。その方が気になっていることを伺いながら、共に最善の方法を行っていきます。「勇気の羽根」さんのイベントは2年目です。

この日も、かつらの体験談やお化粧の仕方など、様々な体験会が行われていました。ケアリングヨーガでは、体の緊張を緩めてリラックスしていただきました(^0^) リラックスすることで、その人らしさが内面から輝いてくるといいですね。椅子を使ったヨーガと呼吸法等を行いました。

「勇気の羽根」の主催者である大石さんは、治療の合間に打ち合わせをしながら、この日を迎えました。大石さんは、化粧品会社、エステの仕事をしていたのでアピアランスケアのプロです。悩んでいる方の少しでも力になりたいというその姿勢は素晴らしいです。少しですがお手伝い出来て良かったです。来年も楽しみです(^0^)!

「勇気の羽根」の活動の詳しくは

→http://s.ameblo.jp/marca0014/entry-12105572476.html

★☆ スタジオプラーナ神戸 ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

 

 

 

新米ママ♡と先輩ママ♡

可愛い先輩(右)(すみれちゃん)

ママ&ベビーヨーガでのさりげない新米ママさんと先輩ママさんの思いやり、助け合いは、見ていてとても穏やかな気持ちにさせてくれます。核家族化で、日中は1人で子育てに向き合っている新米ママさんも多いです。

知らない土地に来て、妊娠そして出産という方もいます。スタジオのランチ会やお花見に誘ったりしていますが、それでは足りない部分が多いです。

同世代のママの、身をもって経験したアドバイスや買い物する場所、子供と一緒でも入りやすいカフェ等々、色々な情報を発信してくれる先輩ママの存在は貴重です。

新米ママさんに気を掛けてくれて、さりげなく自分の経験をアドバイスしてくれたりと、本当に頼もしい存在です。

先日も、保育所に子供を預けて職場復帰した先輩ママさんが、「ママ&ベビーのヨーガ」クラスに仕事を調整して遊びに来てくれました。新米ママさんの質問にも丁寧に答えてくれていました。経験からのアドバイス、ほんとに助かります。見ていて微笑ましかったです。

先輩ママさんは、ランチに誘って子育てや日常の話に花をさかせてくれたり、保育所の相談を親身に聞いてくれています。不慣れな抱っこ紐を先輩ママさん達が、体が楽なように、やりやすい方法を伝授してくれたり。離乳食の体験談を語ってくれたりしてくれています💛

先輩ママさんの存在は、ほんとに心強い!みんな一人じゃないよー!

ママ&ベビーヨーガは、大人も子供にとっても、これから歩む道に繋がる大切な縦の関係性なんだなぁ。と感じます。

子供達の成長は目覚ましいです。月齢によって仕草、行動、言葉、それそれに違っていて素晴らしいです。

自分の子供と他の子供と比べてしまうこともありますが、ここでの出会いには意味があるように思います。

急がすにゆっくりと、それぞれの成長を先輩ママさんと一緒に見守りたいですね。

先輩ママさんが新米ママさんを見守る姿、優しさ、思いやりを日々感じている今日この頃です。

「もっと子供を信じて話を聞いてあげてね」

私も子育中に、先輩ママさんからアドバイスをいただいたことがあります(^0-) その事は、子育ての大きな道しるべになりました。今、振り返り思い出すと、本当にありがたかったです(^0^)

★スタジオプラーナ神戸 マタニティ・ベビーヨーガ担当 水谷★