人生100年時代がやってきました☆

先日、マタニティヨーガ協会の講習に参加してきました☆

マタニティヨーガの事だけでなく、健康について色々と学べる場所となっています。今回は、「人生100年時代」についてのお話もありました。最近は、テレビの番組でも特集が組まれていますね。

医学も進歩して、以前は100歳を超えたら区役所から表彰状をもらえたりということもありましたが、最近は、色々な老人介護施設にいくと90歳~100歳代の方々が多くいます。長生きは出来る時代になりました。問題は健康で長生きすることです。

その健康で長生きするには60代の壁と、70代の壁があると言われていました。60代になると、生活習慣病である高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。今までの食生活、運動時間、喫煙、飲酒の量、働き方により発症のリスクは変わってきます。

60代で、一度しっかりと見直すことでその壁は乗り越えられます。食べ物を意識する。自分の出来る無理のない運動を毎日する(ヨーガもいいですよと)。タバコを控える、止める。アルコールの量を見直す、止める。意識して改善してみましょう。出来ることはいっぱいあります。

次にやって来るのが70代の壁ですね。運動機能の低下と、早い方は認知症などになるリスクが高まります。仕事から離れるので外出が減るというのもあります。一日一回は外出する。散歩しながら階段の上り下りを意識して行うなどですね。体を動かすと脳もリフレッシュします。気分の切り替えになります。

人と話をする。心と心の触れ合いが鬱っぽさからの解放になります。自律神経のバランス調整にもなります。少し、意識して行うことが大事です。この意識して行うことが認知症の予防になります。人とのコミュニケーションがとっても重要なところです!自分に出来る運動を繰り返し行う!

今から出来ることを行ってみませんか?これからの100年時代、元気で長きを目指しましょう♪ 元気に生きる為の土台をしっかりと!

須磨の海岸で見かけた松の木(老木を支える添え木)

★☆ マタニティヨーガ担当 水谷 ★☆

★ 素敵な本に出会いました ☆

緩和ケア医の先生から素敵な本をご紹介していただきました。

人は人を救えないが、「癒す」ことはできる

臨床宗教師の谷山洋三さんの本です。

大切な人を救いたいという気持ちは誰もが思う気持ち。それを打ち消すような本にも思えますが、私はとても心の奥から納得する言葉に出会えたと感じました。

本に書かれてある言葉・・・

必ず死ぬということも含めて、人間は変化します。ですから、救いというのは、神様とか仏様といった超越的存在を前提としないと、あり得ないこと。

人は人を救えないが、「癒す」ことはできる・・・

その癒すということも、偶然だったり、一所懸命関わった結果だったり、それが結果的に癒しになることが多い。相手の方が苦しんでいるときは、注意深く声をかけたとしてもそれが、逆に相手を傷つけることになったりと、なかなかに難しいものです。何を相手が望んでいるかはわかりません。

相手の思いを尊重し、臨機応変に対応すること。その人が自分で立ち上がり前を少しでも向いて歩けるように、ただ側にいて寄り添ってあげるしかないのですね。

寄り添うことの難しさ、自分の人生について、いつかは訪れる死について考える機会を与えてくれる本です。

家族や自分自身が病気になって初めて「死」を身近に感じる人が多いと思いますが、日頃から考えておくために読んでおくと良い本だと思います。

★☆★ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆★

 

冬らしい寒さです❄️

関東の方は、大寒波が到来みたいですね。関東に4年間住んでいた時、住み初めてたすぐの年、何十年ぶりかの大寒波がやって来て、びっくりしました😃💦

長靴を履いて歩くのに慣れていなくて、滑って転ぶ。大変でした。山形出身の知り合いに靴の選び方、歩き方を教わりました。懐かしい思い出です。

春まで、もう少し、寒さも楽しみながら、桜の季節を待ちたいですね🌸

今日も、昼から東京から(無事に着くかなぁ)先生をお招きして、クリシュナマチャリア師の教えを学びます。

学ぶごとに、ヨーガの知恵の尊さに感動します。他者を尊敬し、思いやりる心を大切にしたいです✨

そして、自分ではどうにも出来ない、天候、自然から来る恵みに感謝します✨

★ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★

スタジオの看板 変わりましたよ(^0^)

スタジオの入り口の看板のイラストが変わりましたよ(^0^)!

毎日、レッスンのスケジュールを手書きで書いています。アットホームなスタジオの様子が伝わると嬉しいです。

マントラを唱えているのを、ワンちゃんが聞いてる・・・

Om santih santih santih 心の平安

生きていると色んなことが起こります。その行動に正解、不正解なんて一つもない。だからこそ、面白い。それが生きていること。

忙しい~、嫌な事、悲しいこと、前向きに取り組み、乗り越えたとき、心に広がる充実感と心の静まっていく感じは、誰もが経験したことはあるでしょう。もちろん、周りの方々の助け、見守ってくれる温かさがあってこそです。繋がって、繋がって、平和に導かれていくのを感じます。

今年も、色んな出来事、経験があるでしょう。それは、よい事、悪い事、色々ありますね。前を向いて歩いていきましょう♪

そして、ザワザワ、モヤモヤ、気持ちが晴れないときは、マントラを唱えてみませんか?

Om santih santih santih 心の平安に繋がりましょう💛

幸せは、あなたの心の中にすでにあります・・・

★☆ マタニティヨーガ ママ&ベビーヨーガ担当 水谷 ★☆

 

あなたの笑顔が幸せを呼び寄せます(^9^)

明日、2月3日は節分ですね☆

節分は、季節を分けることも意味していて、節分の次の日は「立春」で、春の始まりですね。まだまだ寒いですが、暦では春の訪れを表わすのですね。

一般的には、節分の行事は、豆まきですね。「鬼は外、福は内」と声をだしながら福まめを撒いて、年の数だけ豆を食べて厄除けをするですね。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられていて、それを追い払うために神社で行事が行われているんですね。

または、「笑う門には福来る」で、笑って邪気(鬼)を追い払うという説もチラホラありますね。それもいいですよね。鬼の顔でいると周りの方々が離れていきますよね。

あなたの笑顔が幸せを引き寄せます☆

上の写真は、スタジオのInstagramから引用しました(^0^)

スタジオInstagram→pranakobe2016 ご覧くださいね!

★☆★ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆★

★太陽の恵みに感謝★

一日の始まり、太陽が昇る瞬間は何度見ても神秘的です☀

昨日までの事はリセットし、新しい気持ちでスタート!

いただいた御木霊石さんのカレンダーの1月の言葉・・・

「大好きな事だからまっすぐに精一杯」

大好きな事を精一杯することは、とてもいい事です。しかし、人を思いやる心のゆとりを大切にしましょう♪

すべては、調和とバランスですね(^0^)!-

★☆★ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆★

 

★穏やかになれる大好きな景色★

休みの日、自宅から西へ西へとドライブ~

年に一度は訪れる心を穏やかにしてくれる場所★

子供とも訪れた場所だから、ふっと子育て期間中のことを思い出しました。楽しく遊んでいたかと思うと、おもちゃの取り合い。怒る私・・・私の心も嵐の状態!私がふさぎ込んでいると先輩ママからアドバイスをいただきことも多々ありました。

「謝る、怒るは大切。だけど子供には悪い気はない。していい事、やってはいけない事をしたとしても、後はぎゅ~と抱きしめてあげてね♡ みんな通る道だからね。」

本当にありがたいアドバイスをいただきました!私の嵐は過ぎ去り、穏やかさが戻りました。同じことの繰り返しですが、この経験は私を成長させてくれました。

子供にも今でも言い続けている事があります。やっていい事、悪い事、言葉でも行動でも人を傷つけてはいけません。

しかし、思っていてもうまくいかない事もありますよね。いろんな経験をして学んでいけばいいんです。見守っているよと伝えています。

成人式に子供がくれた手紙の一文にありました。

「自分の歩む道を見守ってくれてありがとう💛」

長かった道のり、でもまだまだ続く。私もまだまだ母に子供のように心配されています。立場が違えば、それも親孝行かな。。。とも思えます(^0^)

久しぶりに見た清々しい景色、明るく照らされる海の先、今の私の心もこんな感じです☆

★☆★ マタニティヨーガ ママ&ベビーヨーガ担当 水谷 ★☆★

 

 

 

アーユルヴェーダ的な冬の過ごし方⛄

今週末からかなり寒くなってきましたね。少し前半が暖かかったので体がビックリしていますね。急激な空気の乾燥もありインフルエンザも流行っていますね。。。皆様、手洗いうがいを、特に手洗いが重要ですよ!

この時期は、アーユルヴェーダでは、乾性、冷性の風(ヴァーダ)が蓄積します。その風の要素を整えるために食欲が増し、油性を溜める時期でもあります。脂肪分を溜めて風邪をひかない体力を作る時期でもあります。できるだけ良質な油を摂取しましょう。しかし、食べる量に比例して重性、油性、粘着性の水の要素(カパ)が蓄積すると言われています。

この冬の水の要素(カパ)を溜めないように、運動を積極的に行うことが大事です。食事は温かい物、火の通ったもので、鍋などがやはり最適ですね。湯気で空気の乾燥も防ぐことができます。特に風の要素(ヴァータ)が強い方々は、生野菜より温野菜、鍋がいいですよ。

寒い時期に蓄積した水の要素(カパ)は、運動などをさぼっていると、春が来た頃にカパが溶け出して、花粉症や蕁麻疹などを起こしやすくなります。

2月に入ったら、水の要素(カパ)を排泄する苦みや、辛味のあるものを食べるとよいと言われています。生姜や薬味を積極的に摂取しましょう。その人の体質に合わせて摂る量は調整してくださいね。そして、なにより体を積極的に動かしましょう♪ ヨーガのアーサナや呼吸法は、とっても効果的ですよ(^0^)!

★☆★ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆★

 

 

自立生活夢宙センターで体験会をしました(^0^)

自立生活センターは、全国に126か所あり、障害者の権利を確立するため障害者たちで声を上げて活動しています。今回、行かせていただいた「自立生活夢宙センター」は、大阪にある一つで住之江区にあります。

夢宙センターさんとは、ボランティアグループ「CARE」さんのイベントやパーティで出会いました。メンバーとの出会いは本当に衝撃的でした。こんなに元気で明るい障害者の方々に出会ったのは初めてでした。皆さん、ユーモアに溢れていてとにかく前向きで明るいのです。皆さん、重度の障害を持った方々とは思えないくらいです。最初の出会いから、会うたびに色々な話をしながら大笑い出来る関係となりました。

重度の障害者は、地域の中で厳しい環境に置かれています。今もまだ施設や病院でずっと暮らしていて、社会的な自立ができない人もたくさんいます。自立センターは、そういう人たちが、自分たちの地域で元気を取り戻せるように応援する団体です。夢宙センターのメンバーは、代表も事務長も障害者当事者やっています。障害者が過半数の団体です。

自分らしい暮らしが出来るように、居場所づくりも追求し、相談者と共に考えて自立を応援する団体です。自分達のことだけでなく、障害者全体の事を考え、共に歩いています。皆さん、本当に生き生きと働いていました。

そんな皆さんから、「ヨーガを一緒にしたい!」という希望は前々からあり、今回は機会が出来て実現となりました。介護職の方々も、その時間に参加できる方は皆さん参加していただきました。途中参加、途中退席しながら多くの方に体験していただきました。

無理しないで、動かせる範囲で、呼吸や体の反応を感じながらヨーガセラピーを体験してもらいました。途中に「笑いヨーガ」を入れたりしました(^0^)!

終わった後の感想は・・・

頭がスッキリした! 自分の奥さんにも体験してもらいたい!体が温かくなった~ 呼吸法は難しかったけど、練習して自宅でもやりたい!等の感想をいただきました。

夢宙センターの方々とは、イベントやパーティで外でしかお会いすることが無かったので、センターにお邪魔して会議の様子や、お仕事をしている姿を見られて、更に身近に感じられる存在となりました。

また、一緒にヨーガしたいなぁ。ほんとに楽しい時間を過ごせました(^0^)

★☆ スタジオプラーナ神戸 ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆