「いのちのはじまり」を観てきました(^0^)!

UNICEF協会が作ったドキュメンタリー映画です。関東方面から放映が始まって、とっても評判がいいので観てきました。元町映画館で12月8日(金)までやっています。朝の10時30~1回の放映です!今後も、各所で自主上映があるかもですが・・・

「子育てが未来をつくる」

平和で創造的な社会築く一番の近道は育児を大切にすること。世界中の色んな子育てを見つめたドキュメンタリー映画です。

人格の土台が形成される乳幼児期(生後~就学前)の脳では、毎秒700個から1000個のもの神経細胞が新たに活性化しています。この神経細胞同士の接続によって脳は発達します。この神経細胞の接続でもっとも重要なのは、大人との相互作用、愛情なのです。そして、出来るだけ多くの会話です。そして、大人も子供も共にこころが成長していきます。

映画の中では、無邪気な子供の笑顔に癒されている大人の表情が印象的でした。相互関係で成長していくのですね。安全で愛情に満ちた発育環境を与えることが出来れば、将来は、その子供が社会に貢献し良い世界を築くことに繋がっていくことになるはずです。

じゃれ合う親子の微笑ましい映像と子供の成長に係わる研究をしている専門家の意見なども入れながら、健全な子育てが世界を変えるという説得力がある映像です。

日本は、核家族化で独りぼっちで子育てをしているような気持になっているお母さんが多いように思います。 地域での子育てへの援助、コミュニティーで支え合うことが自然になればいいですね。

赤ちゃんはみんなで育てるもの。地域の大人の役割。子供を見守ってあげる。子供が子供らしく生きていける社会。映画を観ながら色んなキーワードが浮かんできました。

アフリカに「子供を一人育てるのに村一つ必要」という諺があるようです。人間の成長には本当に多くの他人の助け、繋がりが必要なのです。一人の子供に村人がすべて係わっても足りないくらいなのかもですね。人は人間関係の中で成長していきます。赤ちゃんはみんなで育てていくもの。多くの人に意識してほしい言葉ですね(^0^)

 

★スタジオプラーナ神戸★

 

日本マタニティ・ヨーガ協会の講習会に参加してきました♪

今回、講習会でご紹介された本は、「中高年のためのヨーガ」です。ヨーガを愛するプラチナ世代のために~という副題がついています(^0^) 著者は、協会の理事長森田俊一先生です。

協会の理事長であり産婦人科医である森田先生は、ご自身もおよそ30年間くらいヨーガを続けています。しかし、60歳を過ぎたあたりから思うように肩が上がらなかったり、膝に痛みが出てきたりと変化をする体に精神的にも落ち込むことがありました。

周りの方々にもそのような悩みの方が多いので、経験と知識と情報を集めながらこの本が生まれたそうです。先生が学ばれているヴェーダンタ哲学の智慧も書かれていて、わかりやすく、そして深い知恵も学べる本です。

今回の講習会では、骨粗しょう症のためのヨーガを実習していただきました。

骨は重力がかかることで強くなる。振動を加えたり、歩くときには大股で大地からの衝動を強く受ける方が良いそうです。

< かかと落とし体操 >→立った姿勢で両足を平行にして、背筋を伸ばしてから両かかとを数センチ上げて、ストンと落とします。不安定になるようでしたら、椅子や壁を使ってもいいですよ。これくらいなら、電車を待っている時などにも出来ますね(^0^)

その他にも脊柱圧迫骨折予防などの方法もご紹介されたています。背筋、腹筋をバランスよく整えて、骨盤底筋を締めることで、子宮脱の予防にもなります。スタジオのクラスでもご紹介していきますね。

大切なのは自分で体を動かし、習慣づけること! プラチナ世代に入る前からコツコツと続けていきましょう(^0^)!

マタニティのクラスの様子です。

↑骨盤底筋を鍛えますので、マタニティの方、中高年の女性に効果的なポーズですよ。

★スタジオプラーナ神戸 水谷★

 

★ 祈りについて ★

私たち、そして全ての生き物は、自分の幸せを願い、それを実現するために生まれてきたのです。
インドに渡りヴェーダ聖典を学んだ先生から、長きに渡りヴェーダの聖典を学ばせていただいています。その中で、マントラを唱えます。そのマントラは、サンスクリット語の祈りのことばです。

学びの最初にマントラ(聖音)を唱えます。長い日は30分くらい、ただただマントラを唱えます。意味は深くはわからないのですが、唱え終わったときの自分自身の内側の静寂感は、本当に心地よいのです。本当の自分自身と繋がっている感じがします。

私たちの人生には、予測不可能なこと、自分ではどうにもならないことが起こります。または、自分で努力することで解決できることも多くあります。その両方があることをしっかりと認識した上で、祈ります。予測不可能な要因に働きかけるのが「祈り」なのです。

ヴェーダ聖典の学びの師は、それを司っている人に働きかける。宇宙の法則を司っている方に働きかけるために「祈る」のだと教えてくれます。

祈ることで、願望を整理し、混乱している思考をクリアにしてくれます。自分の人生で何が大切なのか?自分にできることは何か?出来ることと、自分ではどうにもならないことは何か?祈る行為に向かうことで、自分の望みもはっきりと明確になっていきます。物事の優先順位も明確になっていきます。

「こうなりたい」「こうしたい」をはっきりと思うことが大事です。
強く思わないと実現不可能です。

プラーナ神戸のレッスンの中で、サンスクリット語のマントラを唱えています。
最初は、何を唱えているのか理解できないと思いますが、唱えていくうちに何かに包まれるような安心感を感じる方もいます。感じ方は、それぞれですが、是非、体験してみてくださいね。

★スタジオプラーナ神戸 齊藤★

ライアーの音色に癒されてください♪

ライアー

皆さん、ライアーの音色を生で聞いたことがありますか?先日、ヨーガ仲間の自宅にライアー奏者であるジョンビリングさんが来られて、演奏会に参加しました。木のぬくもりのある空間で聞けたので相乗効果でとっても癒されました(^0^)

ライアーとは、木製の弦楽器で、キンダーハーブともいわれ子供の為の竪琴です。日本には、シュタイナー教育と共には入ってきました。

あの「千と千尋の神隠し」で木村弓さんが奏でていた琴です。それを聞くとなんとなくわかりますよね。心と体と魂を癒す楽器とも言われていて、とっても優しい音色です。治療目的として音楽療法にも使われています。

生演奏に感動し、CDをスタジオ用に購入しましたので、是非、お聞きくださいね。

チェルノブイリ被ばくの者の子供達に胃カメラを送ろう。

キエフの胃カメラチャリティ

日本ヨーガ療法学会では、2009年1月より、ウクライナキエフ市内において、ヨーガ療法ボランティア活動を行っています。毎年、何人かのヨーガ療法士がキエフを訪れています。2010年からは、医師の指導の下、ヨーガ療法の医学的効果に関する調査研究が実施されました。

今回の国際ヨガDAYに合わせて行われている募金は、キエフ市立第9小児病院、消化器系専門病院に送る日本製の子供用の胃カメラの資金です。ウクライナ国の経済は大変厳しい状況です。日本製の胃カメラは1000万円ほどします。子供用の胃カメラは無く、大人用のを改良修理して使っているようです。2年をめどに募金を集めてキエフに送る計画です。

今回、スタジオにチラシを置いて募金を集めましたら、多くの方々が募金してくださいました。「NPO法人国際セーヴァの会」が募金をまとめてくれていますので、送金致しました。

本当にありがとうございました。

キエフの小学校では、子供たちが今日も、健康増進のためにヨーガをしていると思います。皆様のお心が届きますように~(^0^)

ブログ用

ゴールデンウィークが終わりましたね(^0^)♪

マインドフルネス瞑想 ブログ用

スタジオプラーナ神戸では、マインドフルネス瞑想会、親子ヨーガ、マタニティベリーダンスなどが開催されました。ご参加いただきました方々、ありがとうございました♪

写真は、マインドフルネス瞑想(瞑想会)の様子です。瞑想は、何も使わないですし、簡単であり心身の健康に役立つ方法なのですが、「一人では難しい~。 家では無理だわ(-0-)」という多くの声が聞かれます。私の習っている臨床瞑想を基本にしながら、「瞑想脳」にしていく方法などをお伝えしました。瞑想は、まさにマインドフルネスです。過去でも未来でもない今の瞬間に意識を向けていきます。その時の師匠は「呼吸」です。呼吸に意識を向けながら、思考の波をただただ観察しながら、脳を休めていきます。思考でガチガチな頭を緩めてから呼吸を見つめていきます。「幸せに包まれた~」「安心の場所だと心が静まりました」等々の感想がありましたよ。是非、お気軽にご参加くださいね♪

次回の「マインドフルネス瞑想(瞑想会)」➡5月20日(土)16:00~17:30です。

マタニティベリーダンス♬➡6月4日(日)13:30~15:00です。

ご参加をお待ちしています!(^0^)!

★スタジオプラーナ神戸★齊藤

福井県で素敵なワークショップに参加できました♪

福井のワークショップ

医療人類学者で禅僧のジョアン・ハリファックス博士の講演会に参加しました。

「マインドフルネスによる終末期ケア」について書かれた著書である「死にゆく人と共にあること」を読んで感銘を受けていたので、とても楽しみにしていたので、貴重な時間を過ごすことが出来ました。

終末期ケアの現場で45年に渡り活動している博士、その経験からの「慈悲の心」を丁寧に話していだたきました。相手を思いやり寄り添うこと、そして、ケアをする側が健やかであること。燃えつきてしまわないように。

その人の苦しみは何か?相手の今の状態を高める為に何が必要なのかを、寄り添いながら熟考することが、最も大切であると言われていました。

二日目は、多くの著書を出されている僧侶である藤田一照先生のワークショップにも参加しました。「マインドフルネスに必要なことは、その前にハートフルであること。理屈なしに自分がしたい事に気づく、感じきること。その先にマインドフルがある。」

マインドフルネスが一人歩き、大切な事に気づかせていただきました。ハートで感じること。 相手を思いやること、おのずと、自分の役割に気づいていけるのではと思える素敵なワークショップでした。

★スタジオプラーナ神戸★ 齊藤

~ マインドフルネス・ストレス低減法 ~

お寺の画像 2

写真は、京都の南禅寺です。 静かにお庭を見ていると、心が静まり静寂が広がりますよね。しかし、現代人にはこんな時間が、なかなか持てないのが現実なのです。 そして、そんな中、世界的に「マインドフルネス」が注目されています。

マインドフルネスの定義は、「今ここでの経験に評価や判断を加えることなく、能動的に注意を向けること」 

日本語では、マインドフルネスを「注意する」「気を付ける」「気づき」と訳していますね。

「マインドフルネス・ストレス低減法(MBSR)」を始めたのは、マサチューセッツ大学医学部教授であったジョン・カバット・ジン博士です。このベースは、ヨーガや禅の行法です。それを、万人にもできるように考えて開発されました。 医学部の中に創設された「ストレス低減クリニック」において、慢性疼痛の方に最初に行われたそうです。

2012年に東京で「マインドフルネスフォーラム2012」があり、その中で一日ワークショップが明治記念館で開かれました。そのワークショップに参加したときに、直接、ジョン・カバット・ジン博士の「マインドフルネス瞑想」を受けることができました。 とても、とても貴重な時間でした★

 ワークショップが始まってすぐに45分間の瞑想でした。聞こえてくる音をだただた聞く。なんの評価も判断も下さないでと言われました。いやいやこれが難しい・・・  聞こえてくる声、音にすぐに評価や判断をしてしまいます。「女性の声、何人いる? 遠くから電車の音がする、、、帰りのお土産は何を買おうかしら?」もう頭の中でおしゃべりばかり。どれほどに、自分の頭の中が忙しいか、判断、評価ばかりなのかに気づかされました。博士は、瞑想の後に、受講者に「何が頭の中で起こりましたか?」と質問されました。 みなさん、同じような意見が聞かれました。大爆笑な話しばかりでした。

マインドフルネスのベースとなるヨーガや禅の行法も同じで、頭の中の忙しいおしゃべりを止めるために「呼吸」「呼吸と連動する体の動きに集中」します。しかし、意識が離れたらまた戻すを繰り返し練習することで、マインドフルネス(今の瞬間)に意識をむけることができるようになります。ジョン・カバット・ジン博士も練習が大事、練習することで次第にマインドフルネスな状態になれるといいます。簡単なようで難しいのがマインドフルネス瞑想なのです。

マイインドフルネス瞑想の効果は、脳が休まり、リラックスした中で集中できるようになり、記憶力が高まり、心を安定させ、精神的な向上も期待できます。心身のバランスを崩している現代人にとっても大切なことだと思います。

スタジオでも呼吸に意識を向ける「マインドフルネス瞑想」を行っています。マインドフルネスの一つである「ボディスキャン」も行っています。つま先から、頭のてっぺんまで緊張を緩めながら、だただた呼吸、肉体を意識していきます。深いリラックスを感じられますよ★

そして、スタジオでは、生命のエネルギーを高める「マントラ(真言)」も唱えています。マントラは、心を安定させ、集中力も高まります。

OM ayur dhehi (オーム アーユル デーヒ)

* ~ 私たちの肉体と精神に健やかさが養われますように ~*

★スタジオプラーナ 齊藤★

 

 

 

 

Embody Birth ★マタニティベリーダンス★

%e3%83%99%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b9-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

マタニティベリーダンスを開催します(^^)

子宮のダンスといわれるマタニティベリーダンスは、まるで動く瞑想✴

お産は創造的な動き、そのときの感情を受け入れていきましょう✴ 陣痛の傷み、嬉しさ、歓び、ママとベビーの一体感を感じながら、お産に必要な動きを、音楽に合わせて楽しみましょう🎵

対象は、妊婦さんは、15週以上の妊娠経過の順調な方です。もちろん、一般の方もご参加くださいね🎵 女性にとてもいいです。骨盤の中から身体を温めて冷えの改善、免疫🆙します(^^)👌

★日時➡11月23日、12月23日➡どちらも祝日🎌

★時間➡13時30分~15時

★場所➡スタジオプラーナ神戸

★会費➡会員は1チケット 非会員2500円(税別)

お電話、メールでお申し込みください♪

お待ちしています。

担当は、水谷です(^^)✴

秋の味覚をいただきました♪

%e3%81%8b%e3%81%8d%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%80%80%ef%bc%91%ef%bc%91

よく熟した秋の味覚 美味しい柿を朝のクラスに通われているOさんからいただきました(^^)🌠 お家のお庭に柿の木が2本もあるようです。大きな柿がなる木と、小さな柿のなる木があるようです。

朝に収穫して届けてくださいました。柿が大好きなスタッフ二人で大喜び♪♪

季節のものをいただける幸せ~ 旬の食べ物には、生命のエネルギーであるプラーナがたっぷりあります。

旬の味覚をいただき、ヨガの呼吸法で、生命のエネルギーを高めていきましょう。

スタジオプラーナ神戸 さいとう★