今をどう生きるか。 ~マタニティヨーガ協会講習会より~

マタニティヨーガ協会の講習会をzoomで参加しました。

コロナ感染症の今をどう生きるか。というお話でした。
私たちは幸か、不幸が大きな歴史の動きを体感しています。
今まで70年ぐらいは稀に見る平和な時代をすごしてきました。
今回のように思いもよらないことが起きたとき、過去のその時々に乗り越えた経験を振り返ることでピンチをチャンスに変えるきっかけを見出せるかもしれません
1929年世界大恐慌が起きたときの第32代大統領に就任したフランクリン・ルーズベルトは

「私たちが怖がるべき唯一のものは恐慌ではなく、心のなかの恐怖心だ」

それを恐れている心自体が問題であると。
その心の恐怖心を取り除くことをで周りの状況がかわると。

また世界初の実用的電話を発明したアレクサンダー・グラハム・ベルは

「一つのドアが閉まる時、別のドアが開く」

閉まったドアだけを見ていても解決にならない。新しいドアの開いている方向に向かう。

福沢諭吉の学問のすすめ
江戸時代が終わったばかりの時代、身分差別、男尊女卑が強く残るときに

「天は上に人を造らず、人の下に人を造らず」

人は自由で平等だという当時の日本人にとって聞いたことのない考え方を書に残しました。

あらゆる経験はうまく対応できれば、私たちが変われるきっかけになる、柔軟な頭と敏感な視点を持って対処しようといわれてました。

アフターコロナ、治療薬やワクチンができる間生活スタイルがかわるでしょう。
自分の心の中の恐怖心を取り除き、変化を受け入れて行くことで新しい開いているドアにたどり着くのではないでしょうか!

肩こりの原因は不良姿勢による首やかたの緊張からです。
頭は体重の1/10、約5〜6キロ
腕の重さ3〜4キロ
猫背にならないように姿勢を正す

肩こりの筋肉その1は、僧帽筋
      その2は、肩甲挙筋
      その3は、斜角筋群
      その4は、胸鎖乳突筋
      その5は、小胸筋

最後の小胸筋を緩めることで授乳中の方の肩こりの緩和になります。またレッスンでお伝えしていこうと思います(文章ではお伝えしにくいなで)

シェアタイムで産婦人科の現状のお話をお聞きしました。両親学校やマタニティクラスがなかなかできない現状、どう対応していくかをそれぞれの産婦人科で工夫されていました。規制が緩和されかけていますが、お産にのぞまれるママさんたちの心の緊張を緩めるために病院でも早く始まるといいですね。

スタジオでは少人数制でレッスンを行っています。またオンライン、zoomでのレッスンも行っています。妊婦さん、産後ママ、妊活さん。自分の体と向き合い、セルフケアしませんか!

★☆ マタニティヨーガ担当 水谷 ★☆

おうちでヨーガ?第三弾

皆さん、お元気ですか?

まだ、もう少し自粛生活が続きますね。

夜の寝つきはどうですか?

おうちヨーガ?第三弾をつくりました。夜寝る前に、行って夜の眠りの質を高めてくださいね!

スタジオプラーナ神戸のfacebookに?しました。スタジオプラーナ神戸で検査?してくださいね?

☆★ スタジオプラーナ神戸 ☆★

お産の今✨が知りたい!

オンラインミーティング
知りたい!お産の”今”〜COVID19と出産に参加させていただきました。
コロナウイルスの前と今ではお産の現状がずいぶん変わってきました。
妊婦さん、医療従事者の方の命を守るために、マスク、ゴーグル、顔を隠すもの、手袋、スーパーやコンビニにあるビニールのカーテンのようなもの、厳重な装備でより慎重にお産に望まれています。
両親学級やマタニティクラスがない分、妊婦さんの心や体のケアなど、新しい命に関わることの大変さを感じました。
妊婦さんも出産の中でマスクはしんどいでしょうが、頑張ってくださいね。
入院してから、面会ができないし、立ち会いができなくなってます。でも、支えてくださる先生たち、助産師さん、看護さんがいます。安心して身を委ねましょう。
 出産中の写真や動画を撮ってくれたり、オンラインで立ち会い出産されるところもあるらしいです。ご主人、お子さん、おじいちゃん、おばあちゃんが参加されます。
慣れない光景に先生方もびっくりされることも!微笑ましい風景が目に浮かびます。
診察も夫婦で赤ちゃんの映像を見ることもできません。一緒にいっても外で待機となります。
赤ちゃんの様子を、ご主人さまに伝えてあげてくださいね✨
ご自宅でも、手洗い、うがい、マスク着用、そして、タオルを共有しないとか、日常から出来ることを行いましょう!
お話の中で stay homeによる難産が増えているように感じると話がありました。
ショッピングしたり散歩も、思うように出来ないですね。
そんなとき好きな音楽に合わせてウォーキングしたり、家を掃除したり。無理なく出来るけどをやりながら動きましょう!プラーナのfacebookにマタニティヨーガの動画があるので見てくださいね。
お産は自然分娩でも、帝王切開でも、無痛分娩でも、全て同じです。お産には変わりありません。
お産の目的は産む方法ではなく、赤ちゃんに出会うこと。その時の現状を受け入れましょう。
今から心の準備をしておけばOK!
自然分娩でも帝王切開切開でもお母さんと赤ちゃんと出会えた時に喜びが倍増です。
急に、帝王切開になると受け入れがたいですが、どちらでも大丈夫、出産の目的は赤ちゃんと出会うことと思う気持ちが、大切です。それが後の子育てに繋がります。
こんな時だからこそ、助産師さんたちとのつながりを大切にしましょう。
診察や体調面で不安に思ったこと、疑問に思ったことは聞きましょう。緊張していた体が安心するとリラックスにつながりますよ。
今妊婦さんや周りの人に知っていただきたいサイトをご紹介していただきました。
必要な妊婦さんにとどきますように。
妊婦COVID-19感染予防
眠れる森の相談室(登壇者の助産師:中川淑子師担当)
★☆  マタニティヨーガ担当 水谷 ★☆
助産師online

ぎゅーっと抱きしめて?

山口創先生の書かれた本のお話です。

“子供の「脳」は肌にある”

公共広告機構が、増え続ける虐待を防止する目的で訴えていたメッセージとして紹介されていました。

すごく大切なことだと思います。お母さんだけでなく、関わる方の温かさを伝えてあげましょう。

小さな頃に抱きしめていた温もりが肌を通して、子供の心の奥の大切な記憶として残ります。

こんな時だからお母さんの温かさを伝えてあげましょう。ギュ〜と抱きしめてあげましょう。

思春期になったお子さんのこころの成長につながるでしょう。

「抱きしめる、という会話。」

子どもの頃に抱きしめられた記憶は、ひとのこころの、奥のほうの、
大切な場所にずっと残っていく。

そうして、その記憶は、優しさや思いやりの大切さを教えてくれたり、ひとりぼっちしゃないんだって思わせてくれたり、そこから先は行っちゃいけないよと止めてくれたり、死んじゃいたいくらい切ないときに支えくれたりする。

子どもをもっと抱きしめてあげてください。ちっちゃなこころは、いつも手を伸ばしています。

子どもにとってお母さんの温かさは宝物です。そばにいるお子さんをギュ〜と抱きしめたり、触れてあげたり、手を繋いだり。
いっぱい抱きしめてあげましょう。

お母さんの気持ちが伝わります。

可愛い、可愛い宝物が輝いて行けるように。

★☆ マタニティ ママ&ベビークラス担当 水谷 ★☆

新しい命を育む妊婦さんにメッセージです?

今、新しい命を育んでいる妊婦さん。
いろんな状況の中、不安な気持ちになっていませんか?
お腹の赤ちゃんはお母さんを選んで舞い降りてくる時言われます。
出会える日まで、今でしか味わえない一体感を感じなから過ごしてくださいね?

皆さんが一番不安に思っている陣痛。陣痛の痛みは確かに痛いです。でも、外的な痛みでなく、中から湧き上がる生命力を感じる痛みです。陣痛はお母さんと赤ちゃんを出会わせてくれるツールなのです。

赤ちゃんが回旋しながらお母さんの体の中を一生懸命進んでいきます。赤ちゃんのためにもゆっくり息を吐いて通る道を広げてくださいね。

そのためにも陣痛さんを受け入れて、共に赤ちゃんと出会う準備していきましょう。
赤ちゃんとお母さんの一心同体である今を大切に楽しみましょう。

スタジオのfacebookには、陣痛のお話の動画を?してます→「スタジオプラーナ神戸」で検索?

周りを見ると、さくら?から季節の花が移り変わっています✨

 

★☆ マタニティクラス担当 水谷 ★☆

#おうちでヨーガ 第一弾?

皆さん、お元気ですか?

行動自粛があり、窮屈な日々をお過ごしのことと思います。

自分で選んで行動していた日々が、実は当たりまえのようで、奇跡のような日々だったのですね。

今は、不用不急の外出をさけて、自宅で楽しみを見つけてくださいね。

そして、出来るだけ通常通りの行動を出来る範囲で行っていきましょう。起きる時間、寝る時間、ご飯を食べる時間を出来るだけ一定にすることが大切です。

スタジオプラーナ神戸のFacebookに、呼吸を整えるための簡単ヨーガレッスンの動画をアップしました!

是非とも、自宅ワークの間に、空いている時間に行ってみてくださいね!(^0^)!

皆さん、出来るだけ穏やかな時間をお過ごしくださいね♡

https://ja-jp.facebook.com/prana.kobe/

★☆ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

妊婦さんにお伝えしたいことがあります?

コロナウィルス感染予防のため産婦人科では、母親学級や、両親学級、マタニティヨガなどのイベントが中止になってます。だから妊婦さんに伝えたいお話があります。

 

出産を迎える妊婦さんがお産とどう向き合うか!

陣痛の痛みをどうのりこえていくか!

いろんな思いがありますよね。

お母さんが不安になるなると一心同体である赤ちゃんにも伝わってしまいます。

お母さんな心地よさは一心同体である赤ちゃんに伝わり同じ心地よさが味わえます。赤ちゃんはお母さんを思いながら、お母さんは赤ちゃんを感じながら出会えることを楽しみに陣痛さんの痛みを受け入れましょう。

 

九島先生の自然出産とマタニティヨガに書かれてある陣痛さんのお話をご紹介させていただきます。

 

陣痛と一体になる

 陣痛と一体になるには、意識を集中して体の声を聞こうとしなければなりません。人によってはその声はいろいろに聞こえるでしょうが、私には次のように聞こえてきます。

『私は子宮です。私の唯一の働きは収縮です。収縮はエネルギーです。私は今妊娠し、ベビーを抱えています。きれいな羊水をいっぱいに満たし、その中にベビーを浮かべて育てています。時々は可愛くてたまらず、やさしく収縮して抱きしめてしまいます。しかし、やがてそのベビーとの悲しい別れの日が来ます。

 予定日が来ると私はベビーを世の中に送りだすために、収縮して子宮口を開きます。そしていよいよベビーが生まれる時には、世の中に出て呼吸するのに困らないように、収縮するたびに胸を圧迫して呼吸運動を教えます。

 私の主人である貴方が、私に「陣痛」というあだ名をつけていやな目で見ていることです。私は何も貴方を苦しめているわけではありません。むしろ私と一緒になって、ベビー誕生に力を貸してください。いえ、何も力を貸すといっても、難しいことではありません。私がエネルギーを出して力いっぱい収縮したら「あら、お願い、ご苦労さん」と言って、心と体をリラックスしてくれれば、それでいいんですよ。そしてゆっくり息を吐いたり、動きたいように動いてみてください。それだけで私の仕事ははかどります。まあ、妊娠中も時々私に話しかけてください。そして私が抱いているベビーともお話してください。私たちはよい仲間なのですから、触れたり、なでたりしていただくと私、本当にうれしいのてす。それではまた会いましょう。サヨウナラ』

 

陣痛さんを感じたら、心と体をリラックスしましょう!ゆっくりと息を吐いたり、動きたいように動いてみてくださいね。お腹の赤ちゃんと一緒に!

 

痛みに取り込まれないように、ゆっくりと息を吐いて、緩めてあげましょう。赤ちゃんの為に?

出来るだけ、前向きなことを考えながら、穏やかな時間を過ごしてくださいね。

★☆ マタニティヨーガ、ママ&ベビーヨーガ担当 水谷 ★☆

 

「病気は才能」おのころ心平 著書

ボディ・サイコロジストとして有名な おのころ心平さんの本です。随分前に読んだのですが、最近になって、気になりもう一度読んでみました。気になったときは意味があるんですね。一回目に読んだときよりも、深く心に染み入りました。

大病をして、人生が変わったという方々に、最近よくお会いします。一人の方は、体に病気が無く元気だった頃の方が、色々な意味で不完全であったと思うと・・・病気をして狭かった視野が広がり、本当に自分がしたかった事に出会えて、日々の当たり前のことが幸せに思えてしかたないです。とお話されていました。

この本は、「病気とは、本当にネガティブなものなのか?」という思いになり、ココロと体の偉大な力に気づかされます。

体の症状から、そこにどんなココロのメッセージがあるのかを読みといていく内容の本になっています✨

体に表れる症状を否定しないで、症状を悪いものと決めつけてしまわない。その症状の裏にあるココロを見つめ、体の不調のサインを受け止めて「思い込み」を手放すチャンスを病気から与えてもらえる。

病気の中に、あなたの「自分らしさ」を見つけることができる本です。私も2回読んで、深く気づく部分が多かったです。な~るほどと、周りの人に当てはめても、府に落ちました。

そして、自分に優しくなれる本だなあ。と思いました。お勧めします!

桜が待ち遠しいですね?

★☆ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

赤ちゃんは、「おんぶ」も大好きです!

前回のブログでは、「抱っこ」について書きましたね。今回は、「おんぶ」の良さをお伝えします(^0^)

街を歩いていても、「おんぶ」の方って少ないですよね。おんぶされていても見えるのはお母さん、お父さんの背中。でも、本当は、お母さん、お父さんの肩越しからお顔が見えるぐらいの位置がいいのです。

お母さんが料理をしている時、同じ目線で見ていると、目からの情報、耳から聞こえる音、鼻で感じる匂いなど・・・

赤ちゃんは、五感を使いながら、お母さんと同じ景色が見えています。色々と感じることで、食に対する興味も沸いてきます。脳の発達にもよい影響があります。何かをやりたい、前向きな意欲にも繋がります。

「おんぶ」の位置を上げることで、お母さん自身の骨盤や骨盤底筋群の強化や背中のケアにもなります☆

お母さんと同じ目線で、同じ景色を見せながら過ごしましょう★

ママ&ベビーのクラス、ママサポートクラスでもお伝えしていますので、是非、ベビーとご参加くださいね☆

★ママサポートクラス→ 火曜日 13:30~15:00

★ママ&ベビークラス 木曜日 10:30~12:00

★☆ マタニティ、ママ&ベビーヨーガ担当 水谷 ★☆

★マントラワークショップ開催しました★ 

春がもうすぐそこに来ていますね。3月になりましたね!

スタジオは、マントラのクラス開催で明るいスタートになりました!マントラは、自分自身の内側を浄化して、周りの空気も浄化させてくれる効果があります。

色々なイベントが開催中止となる中で、少人数で清潔、安全に考慮して行いました(手洗い、うがいを徹底しました)

ヨーガという言葉の語源は、「繋がる」。不確かな情報に振り回されて心身の不安を抱えている方々も多いです。この時期だからこそ、自分自身と繋がることが大事です。

マントラはヨーガのツールの一つで、もっとも強力な力があり、心を安定させ、自分自身としっかりと繋がることができます。今の瞬間に意識を向けていくことができます。

心が安定することで、正しい判断力がつきます。

この日は、マントラを唱える上でのルールについて基礎知識や、実際にマントラを唱える練習をしました。

☀太陽を表わすマントラ、命を輝かすマントラを唱えました。体の内側から温かさや、優しさを感じとる方々もいました。

次回の開催も楽しみです☆

★☆ ヨーガセラピー、瞑想クラス担当 齊藤 ★☆