行動を起こすときの動機

空も春らしくなってきましたね。青くて澄んだ空は、見ているだけで気持ちいいですね♪

誰かに何かをしてあげたいなあ。喜んでもらえるかな? 行動を起こす前に色々と考えてしまいます。しかし、この行動を起こすときの動機はとっても大事なのです。

自分への見返りを考えたり、何か自分の利益を考えての行動になっては相手を結果的には傷つけ、信頼を失うことになります。

「八百長」という言葉の由来は知っていますか?

八百長は、明治時代の八百屋の店主「長兵衛(ちょうべい)に由来します。長兵衛は、通称「八百長」と呼ばれていました。相撲の年寄「伊勢海五太夫」の囲碁仲間であった。碁の実力は長兵衛が勝ってました。しかし、長兵衛は、勝敗を調整し、相手を勝たせたりして伊勢海五太夫のご機嫌をとっていました。相撲部屋の野菜の調達を考えての行動でした。

その後に勝敗を調整していたことが発覚し、長兵衛は、相撲部屋には出入り出来なくなりました。それから相撲では、わざとに負けること、事前に示し合わせて勝敗を調整することを「八百長」と言うようになりました。

先日、チベットの僧侶とお話をする貴重な機会がありました。その時も、行動するときの動機についての話が出てきました。

動機、心根が一番大事なことであると話してくださいました。その人の事を真剣に考えてあげる。どんなことを望んでいるのか?何をしてさしあげれば、相手が本当に幸せなのか?行動に起こすときは、自分の利益は考えないで純粋な気持ちで相手と向き合うこと。寄り添うことが大事。利他の心で接することの大切さを教えていただきました。

しかし、行動を起こすときは色々と考えてしまうのが人間です。こんな事をしても誰かの役に立つのかしら?等々・・・

ヨーガの教えにも「カルマヨーガ」というものがあります。「カルマ」行為を表します。行動(行為)する時の動機は純粋で、その結果はその人の手の中に無いもの。結果は行動する前に放棄しておかなくてはならないものであると言われています。

なかなかに難しい教えです。この「カルマヨーガ」については日々の生活の中で実践しながら、結果を気にしてる自分に気づいたら手放すを繰り返していく練習がいります。

結果を手放せると、毎日が楽に、そして、今のやっていることにだけ集中できるようになります。どんな結果になるんだろう?が無くなることで、今に意識が集中します✨

今一度、「行動を起こすときの動機」について考えてみませんか?

子供の時は、だたただ、誰かに喜んでもらいたかったように思いますね。純粋さ、とっても大事ですね(^0^)

ママと子供のヨーガ

ハグの効果は絶大なのです(^0^) 

 

 

お兄ちゃん大好き!

子供の頃は、嬉しいとき、泣きたいときも誰かに抱きついていましたよね。嬉しい時は喜びが倍になったような気さえします(^0^)悲しくて怖い時は、誰かに抱きつくことで、人の温かさで悲しみが和らぎ、安心します。

先日、CARE(働くお母さん、障害のある方々を支援する国際ボランティア団体)の集まりがありました。CAREのスタッフは、海外留学生や外国人の方が多いので、外国から帰って来たり、留学から帰ってきたら、ハグが出来なくなって寂しいと・・・

日本は、ほとんど無いですし、急にハグすると相手に不快感を与えてしまうこともありますね。なんだか寂しい国ですね・・・

ハグをする。背中を合わせる。手をつなぐ。などは、幸せホルモンである「オキシトシン」が出ると言われています。幸せや安心を感じます。ストレスが軽減されてやる気、元気がでると言われています。

スタジオの親子ヨーガでは、背中合わせのポーズで、手をつなぎ合ったりしながら触れ合いの時間を大切にしています(^0^)

少し照れるパパさん、嬉しそうなママ達(^0^)

お互いの呼吸を感じて、温かさが伝わる時間💛 とっても微笑ましいです。お子さんをしっかりと抱きしめてあげましょう。

家族、夫婦、友人、色んな仲間でハグしましょう(^∇^)

★2月25日10時30分~11時30分 親子ヨーガ開催します(^0^)!

場所の都合で、6組限定です!

ママ&ベビー、パパ&ベビー、ママ&パパ&ベビー、皆で触れ合い、愛を伝えあいましょう♪

★スタジオプラーナ神戸★

どうしてこんなにヨーガが好きなんだろう(^0^)

南インドのケララ州

ヨーガセラピーを担当している齊藤です。今回は、私のヨーガとの出会い現在に至るまでを書いてみます。ご興味がありましたら読んでみてくださいね(^0^)

私がヨーガに出会ったのは、20年以上前のことです。インストラクターを始めて、今年で15年になります。ほかの趣味はすぐに飽きてしまう私ですが、ヨーガだけは、まったく飽きないです。ほかのものに出合っても、更にヨーガが好きになります。どうしてヨーガがこんなに好きなんでしょう( ´∀`)

初めに習ったヨーガは、伝統的なものというよりは、日本人向けにアレンジした健康体操のようなものでした。当時、色々な精神的な疲れからの自律神経失調症で苦しんでいたので、それもとっても心地よかった記憶があります。

その後、日本ヨーガ療法学会のヨーガ療法を伝えているヨーガ教室でヨーガを習い始めました。高校の同級生の教室でした。OLをしながら通っているうちに、気づいたらインストラクターになっていました。日本ヨーガ療法学会の認定療法士にもなりました。南インドのヴィヴェーカナンダヨーガ療法施設に実習体験にも行きました✨

南インドは、思っていた以上に刺激的な都市でしたね( ´∀`)

日本ヨーガ療法学会では、伝統的なラージャヨーガも教えてもらいながら、病中病後の方々にも出来るヨーガ療法を学びました。安全なヨーガなので、マタニティの方々、パニック障害の方やうつの方にも指導できるようになりました。現在も、内科のクリニック(芦屋こころとからだのクリニック)でヨーガを指導させていただいています。

そんな中で、何かまだ足りない、何かが足りないと思い始めました。学べば学ぶほどにもっと奥深くに導いてくれるものがあるのでは?あらゆる束縛から解放させてくれる方法があるのでは?永遠の幸せ、真の自己と繋がるには?自分自身が癒されるもの、もっと深く体感したい!

そんなときに出会ったのが、クリシュナマチャリア師のヨーガセラピーです。信頼できる友人から紹介されて、クリシュナマチャリア師の息子(T.K.vデシカチャー氏)から直にその教えを学んだ宗近幸代先生です。グループレッスンと、プライベートレッスンを受けました。レッスンの始めに先生が唱えたヴェーディックチャンティングで、心と体に衝撃が走りました!

「これだわ」「私の求めていたもの」

ヴェーダ聖典に書かれてあるマントラを唱えるのがヴェーディックチャンティングといいます。クリシュナマチャリア師のヨーガセラピーでは、ヨーガのアーサナの中にもマントラを入れます。教えは優しく、毎回、ヨーガ仲間と指導を受ける度に、癒されて、他者との繋がりを深めてくれます✨

人がヨーガに合わせるのでは無く、ヨーガが人に合わせる

ヨーガの上達を計るものは、どれだけ周りの方々と繋がれたか、人間関係が良くなっているか。

ヴェーディックチャンティングを唱えることで、過去や未来に動く思考を止めて「今ここ」に意識を向けてくれます。

学び初めて3年が経ちましたが、やっと巡り合えた教え、しっかりと自分で経験し、次世代に伝えていきたいと思っています。

是非、スタジオでヨーガアーサナと共に、ヴェーディックチャンティングを唱えませんか?大切な今ここを感じていきましょう。本当の幸せに繋がっていきましょう。

★☆★ スタジオプラーナ神戸 齊藤 ★☆★

 

 

自分を休ませる時間ありますか?

自分を休ませる時間はありますか?

写真は、先日のケアリングヨーガ協会のインストラクター養成講座での「セラピストや介護者自身のケアについて」の講座の様子です。

ケアをする人が、自分自身の今の状態をよく知り、自分を大切にすることで、他者を大切にすることができます。共感疲労からのストレスを軽減し、真の共感が出来るようになります。

自分自身の今の状態を知るのにヨーガは、とっても役立ちます。内部の感覚に意識を向けることで、無理をしていた自分に気づくきっかけになります。

ヨーガは、心と体に新しい考えが入るスペースを作ります。心の余裕、相手を思いやる気持ちが生まれてきます✴

この日は、ご自身の呼吸に動きを合わせながら、体の緊張を緩めてから、マインドフルネス瞑想を最後に行いました。今の呼吸、今起こっていることを、ただただ見つめていきました。

体の力が抜けて、頭が緩んだ~。頭の中がクリアになりましたなどの感想が聞けました。自分を休める時間の大切さにも気づかれたようです。何かしなければ、これをしたらどうなる?結果を気にしすぎたり、現代人はとっても疲れています。

何もしなくていい。ただただ、安心の繋がりの中に身を任せてるみる・・・そんな時間を作りませんか?

11月25日(土)15:30~17:00 スタジオでマンドフルネス瞑想会あります。

是非とも、ご参加くださいね(^0^)!

➡スタジオの様子です。床暖房ありますよ♪

 

マタニティベリーダンスの魅力について♪

お産の為のマタニティベリーダンスに出合ったのは、約5前のこと。先生であるマハ・アル・ムサに初めて会ったときから、彼女の内側から溢れるエネルギーに魅了されました☆

お産の時は、自分の体のリズムと赤ちゃんの生命のリズムに合わせて踊るようにと彼女は話します。しかし、日本人は、音楽に合わせて本能のままに体を動かすのは苦手な方が多いです。そして、私もそうです(^9^)

初めての体験のとき、音楽に乗ろうとするのですが、ギクシャク、ギクシャク、リラックスできない・・・ 頭で体を動かそうとしている自分に気づきました。外に意識が向いてる。意識を内側に向けて本能、本能、本能、難しいわ(^9^)

人の目を気にしないで、もっと楽しもう!そこからは、マハの誘導に体を自由に動かしていきました。わ~導かれて心が開いていく、開放感♪ 上手や下手も関係ないのです!思うがままに、本能のままに動かすことで体が開き、お産に繋がっていきます✴

心が開かれると、体がリラックス、温かさが広がっていきます。動く瞑想のようなのです。自分の本能のままに動いたらこんなに気持ちがいいんだ! ヨガとはまた違うリラックス感でした。ヨガでいうと第2のチャクラが活性している感じですね。腰を何度も動かすので、子宮のあたりのスッキリ感、温かさ、妊婦さんだけのものではなく、一般の女性全般に効果的です。それを実感しました。これは、皆さんに体験してほしいです♪

マタニティの為のベリーダンスですが、妊婦さん、妊活中の方、冷え性などなど、どんな女性にも体験してほしいです♪ 気持ちがイキイキして笑顔が生まれます。

次回は、10月29日(日)13:30~15:00にスタジオで開催します♪ 是非、ご参加くださいね(^0^)! 

 

 

 

ケアリングヨーガ協会の勉強会を開催しました♪

ケアリング 2

ヨーガセラピーを担当している齊藤です。スタジオのクラスの担当のほかにケアリングヨーガ協会のインストラクター養成講座のインストラクターも担当しています。

ケアリングヨーガ協会は、高齢者、低体力者の為のヨーガ知識、実技の講座をヨーガインストラクター、介護職員を対象に開いています。ケアリングヨーガインストラクターになった方々の今後の活躍の為のブラシュアップや、勉強会なども開催しています。

今回は、スタジオで「実技の復習&ケアする方の自分自身のケアの大切さにについて」の勉強会を開きました。私は、「ケアする方々のケアの大切さについて」の講座を担当しました。最後にヨーガの簡単なポーズで体を緩めて、そして瞑想を行いました。

参加者からは、「自分の時間が持てた。こんな時間も大事」「実技実習は大切、何度も自分で感じなければ人には伝えられないですね」などの意見がありました。

スタジオプラーナ神戸の周りは、緑が多くて、この日も鳥のさえずりが聞こえてきて、静かにみなさん瞑想できたご様子でした。自然に身をまかせる委ねることは、とっても大切ですね。

自分一人で頑張らない! 仲間と協力して、お互いに成長していくことが大切ですね。自分自身をまずは大切にしましょう。ヨーガは、セルフケアにとっても有効ですよ(^0^)

ケアリンングヨーガに興味がある方は、勉強会に参加できますよ♪

図1ケアリングヨーガ協会 http://caringyoga.org

 

☆クラスの紹介☆ ~ 子連れヨーガ ~

子連れヨーガ 1

「子連れヨーガ」は、火曜日の13:30~15:00のクラスです。名前のそのまま、お母さんのヨーガの時間ですが、子連れオッケーのクラスです(^0^)!

木曜日の10時30分の「ママ&ベビーのヨーガ」クラスは、ベビーマッサージや子供と一緒にポーズを行いますが、このクラスは、お母さんが中心です。お母さんが自分と向き合う時間です。

一人で子供と向き合っていたら、笑っていたいけど、笑えなかったり。子育ての悩みを打ち明けたり、お母さんの気分が少しでもリフレッシュしてまた笑顔で子育てが出来るように、ほっこり出来る空間づくりに心がけています。子供たちは、中央に集まって自由に遊んだり寝たり、子供同士のコミュニケーションをとっていますよ。癒されます・・・(^0^)

終わったあとも、お茶を飲みながらゆっくりとして帰ってください。子育てで凝り固まった心と体の緊張が緩み癒されると、色んな話が飛び出して、楽しいお話の時間です。誰かに聞いてもらえるとスッキリしますよね。

このクラスは、ゆっくりしていただきたいので、定員が4名です。早めの予約をお願いいたします✨

< 参加者の声 >

・子供を連れて行ける施設は子供が中心で、自分のケアが出来なかったり、平日のお昼に自分の為のヨーガが出来て嬉しい。

・家でふさぎ込むこともなく、自分自身と向き合う時間がもてて幸せな時間です。

・レッスンの後は、お茶を飲みながら、和やかな雰囲気に包まれて、とても居心地がいいです。

☆子連れヨーガ・・・火曜日 13:30~15:00

☆ママ&ベビーヨーガ・・・木曜日 10:30~12:00

◎ご一緒に、ヨーガしませんか?

★ スタジオプラーナ神戸 水谷 ★

4月のスタジオ 明るいスタジオです☆

★サットサンガ★  善い人との集まり~個の自分から大我へ

かぼちゃの画像

サットサンガとは、サンスクリット語(インドの古い言葉)です。サットは、真理、純粋なもの、善きものという意味です。サンガは、集まりという意味です。

日々、色々なことが起こりますよね。自分一人では解決できないことも多くあります。そんな時は感情の起伏が大きくて、自分をうまくコントロールできないときがあります。そんなときに「サットサンガ」に参加するのはとてもいいですよ。個の自分で考えていたことが、大きな視野で物事を考えることができるようになります。社会の中で私たちが苦しむ原因の多くは、お互いの繋がりが感じられないということから来ています。家族とさえも本当の繋がりがないと感じている方も多いのでは・・・

自分の弱い部分、悩みや悲しみを話すのはとても勇気がいります。しかし、人は人との関わり合いの中でしか見えないもの、そして成長もできないのです。人との関わりのなかで自分を客観的に観る、新たな自分を見つけることにもなります。真実を語り合う家族の繋がりは、まさに「サットサンガ」です。

真実を語り合う善き集まりを持っていますか?コミュニティー、共同体があるかないかで、心身の健康状態が変わります。自分自身も自分の言葉で話し、相手の話を深く聞いて、愛を持って話し合いましょう。

人間は、それぞれがかけがいのない命を生きているのです。 互いの立ち位置で創造しながら、互いを尊敬し、思いやりをもって、話し合っていきましょう。

上の写真、どうして「かぼちゃ」なのかしら?と、思われた方もいるのでは・・・

実は、今年の春に参加したワークショップで禅の僧侶である藤田一照先生から、かぼちゃの話を聞いて、それが、まさに「サットサンガ」の大切さを教えてくれました。かぼちゃ同士が討論しているのですが、自分は、自分は・・・と、お互いに自分の主張を譲らないかぼちゃ達。その時、そばにいた和尚さんが、「さあ。みんな自分のアタマに手をやってごらん」かぼちゃ達は、みんなおのおの自分の頭に手をやってみましたら、アタマの先っぽはへんなものがついています。なんだろう?と、その先をたどってみると、一本蔓にみんなが繋がっているではありませんか? たった一つの命を生きていたのです。

自分、自分と思っている間違った視野、小さな個体を生きているのは事実ですが、しかし、本当の自己は個体以上のものでなければならない。個の自分から、大きな生命の一部としての自分を感じる為には、やはり「サットサンガ」、他者との真実の繋がりを持つことで、いろんな出来事や他人の問題も自分の為のことであることに気づくのでしょうね。私も、まだまだ「サットサンガ」を繰り返していきたいです。個の自分から大我へ・・・

9月30日(土)の15:30~ マインドフルネス瞑想会を開催します。まさに、互いに同じ時間の中で委ね合いながら瞑想します。私の小さな「サットサンガ」です。お仲間になりませんか?

★スタジオプラーナ神戸★齊藤

★マインドフルネス瞑想について★

8月27日(月)10:30~12:00 マインドフルネス瞑想(瞑想会)を行います。

瞑想は、今を意識して、心身を健やかさへと導いてくれます。

前半は、ヨーガのアーサナで体の緊張を緩めて、心を静めていきます。その後に仰向けシャバアーサナで深いリラックス★ 今回は、夏の疲れを癒す「ヨーガニドラ―」を行います。

その後に、何回かに分けて瞑想を繰り返して、「瞑想脳」を作っていきます。初めから心地良い瞑想状態に入るのはなかなかに難しいものです。雑念がどんどん沸き上がってきたり、同じ姿勢を保つことの難しさもあります。雑念が多い方ほど、瞑想を必要とする人であり、練習、繰り返すことで、達人になれる素質もあるのです。ゆっくりの呼吸、体の感覚に意識を集中させて、自然に浮かびあがる雑念を静かに観察してみましょう。場のエネルギーも大事で、何人かで行うことでいつもと違う安らぎに包まれていきます。是非、基礎の瞑想練習なので、お気軽にご参加ください♪

◎会員様は、1ticketで受講できます。

◎非会員の方は、体験(1080円)があります。一度、体験してみてくださいね♫

瞑想の画像 担当 齊藤恵津子