亡き父の介護で教えてもらったこと!その5

「自分らしさを保つこと、自分を大切にすること」

父の介護に慣れてきた頃、朝からのルーティン作業のように一つ、一つ行えるようになってきました。自分の事は後まわし、父の寝ている部屋に行き、朝の尿の処理、口の洗浄、朝ごはん、着換えと続いていきます。それが終わると、家族のお弁当作り、デイサービスのお迎えが来る前にすべてを終わらせないときけません。。。その後に、仕事があるので仕事に出かける準備があります。やっぱり、毎日のことですが焦る・・・

不器用な私。一度に色んな事ができません。人に説明して頼むより自分でした方が早いと、無駄な頑張り、殺気立つ表情・・・ほんと、大変でした。それが、やっぱり父に伝わっていて、父もイライラしている。

そんなある日、ケアマネージャーさんが、デイサービスの送り出しをヘルパーさんにお願いしてみてはどうですか?と提案が・・・

その提案は、朝ごはんを食べさせるまでが私の仕事。そして、食後の歯磨き、お着換え、車椅子への移動までをヘルパーさんにお任せできるということ。それは助かります・・・その間に、仕事に出かける準備(お化粧したり、着替えたり)ができます!

それが、いざ始まってみると、父がヘルパーさんに反抗しています。歯磨きするのに口を開けない。。。。最初は、すごくその事に反応してしまいましたが、そんなこともあるんだなあ。いきなり突き放すのではなくて、少しずつ子供のような父にも寄り添いながらヘルパーさんに任せていきました。

少し笑える余裕が出てきて、私の力が抜けると、次第にヘルパーさんと父の関係もいい感じになっていきました。何事にも、段階、流れがあるんですよね。いい勉強になりました。

最初は、デイサービスの方々の力を借りながら仕事に行く自分に罪悪感もありましたが、それがなかったら、私はどうなっていたのか?介護だけ、社会から取り残されたような気分。心の焦りは父にきっと伝わっていたように思います。

自分の時間を持つこと、出来る範囲で出来ることは工夫しながらやっていき自分らしさを保てるように、私が私らしくいられること。それがあったらから、デイサービスから帰って来た父にも笑顔で「お帰りなさい(^0^)!」と言えることが出来ました。

自宅での介護が始まる前に、仕事を辞める選択も一度は考えました。私の本当の気持ちは仕事は少しでも続けたかった。その気持ちを尊重してくれた周りの方々に本当に感謝しています。少しでも仕事を続けていたから今の私がいます。

自分の為に体を動かす時間、お友達とお茶しながらお話をする時間、海や山の景色を眺める時間、私らしくある時間をほんの少しでも作ることの大切さを身に染みて感じました。自分は、本当はどうしたいのか?周りの人に伝えて見ると、以外と目の前は広がっていきます。頼めることは頼みましょ。家族にも、その道のプロの方のアドバイスも遠慮なく聞いていきましょう。

自分の気持ちが前向きで元気であることが、一番大切です。それを実感しました。頼んだら、みんないいアイデアを出してくれましたよ。周りにも期待しましょ。少しくらい手を抜いても大丈夫!笑顔でカバーできることもいっぱいありました!

私の笑顔が父の笑顔につながりました。今、介護をしている方、子育てをしている方にも同じことが言えると私は思います。介護している方が元気、子育てをしているママが元気でいること、頑張りすぎていないかな?時には立ち止まり、自分への思いやりを持ってくださいね(^0^)

自分らしさを保つこと、そして、自分を大切にしましょう。自分を大切にすることで、他の方を大切にすることが出来るのですよね💛

★☆★ スタジオプラーナ神戸 水谷 ★☆★

インターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイ

2018年7月5日(木)に埼玉県大宮市で開催された「インターナショナル・ヨーガセラピー・デイ」に出席してきました。

世界で活躍するヨーガセラピストの先生方が日本に集結するというのは世界で初めてのことです。記念すべき第一回目となります。

現代社会では、生活習慣病やストレスが原因で発症する病気が増えています。健康のために、病院や薬にだけ頼るのではなく、自分でできることを探し求めて、その先にヨーガセラピーにたどり着くという方々が多くいるようになりました。とても嬉しいことです。

ヨーガは綺麗なポースを決めるのではなく、体を使いながら内側への気づきを促します。呼吸の状態、体の状態など、ご自分の今の状態に気づきながら、体の緊張を緩めていきます。ストレスの多い現代人にヨーガセラピーが必要であり、その事に気づき参加してくださる方々が本当に多くなってきました。そして、そのヨーガセラピーが世界中にあることを今回のヨーガセラピーデイでは知っていただく機会となりました。アジア・オセアニア・欧州・南北アメリカからの参加です。

クリシュナマチャリア師のヨーガセラピーを師の息子さんであるデシカチャー氏から学んだ「フランソワ・ローラン」さんもフランスから参加してくださいました。気さくな人柄のフランソワ・ローランさんの講座も伝統的なヨーガのお話からブりージングエクササイズを使った実技まで、優しく指導してくださいました。自分の内側への思いやりを持ったセラピーでした。気持ちのよい時間を過ごせました。この機会にヨーガセラピーがもっともっと広まってきますように~

ケアリングヨーガ協会のスタッフの岩田さんと記念撮影をしていただきました。ありがとうございました!

★ スタジオプラーナ神戸 ヨーガセラピー担当 齊藤 ★

 

マントラの効果が研究され始めました★

2018年の6月8日のNewsweekで「サンスクリット語でマントラを詠唱すると、脳の脳灰白質が増加する」という研究報告がありました。

伝統的なヨーガの教えでは、アーサナ、呼吸法に加えてマントラの詠唱を行います。レッスンの始まりに唱えたり、アーサナの間に唱えたりします。サンスクリット語で唱えます。

代表的なマントラは、「Om オーム」です。応諾するオッケーする了承するという意味です。人生に起こる様々な出来事に対しての受け止め方を表します。

古代のインドで使われていた言語「サンスクリット語」で唱えるマントラは、日本では真言とも言われます。日本の仏教で唱える真言の始まりがマントラとも言われています。神秘的な力を持つとされています。唱え方には一定のルールがあり、正しく唱えることで恩恵が得られます。

この神秘的な力を持つマントラを唱えることで、大脳辺縁の一部である「海馬」の部分にある脳灰白質が活性化されるということです。この「海馬」は、記憶や空間学習能力に係わる脳の器官です。アルツハイマー病で最初に病変する部位です。そこが停滞し萎縮するとアルツハイマー病やうつ病を発症すると言われています。

心理的ストレスを長時間受けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経が破壊され気力が減退します。

この研究は、サンスクリット語を英語に翻訳する際に認知力が「深くシフト」することに気づいたことにより、研究が始まりました。サンスクリット語のマントラを子供の頃から記憶し唱えている男性を複数人集めて、インドの国立脳科学研究所にてMRIを使い、唱えている方とそうでない方で比較して統計をとったそうです。

研究者であるハーツエル博士は、「海馬がこれほとまでに拡大した様子を示す研究を見たことがない」として、アルツハイマー病などの病気に効果があると期待しています。

ヨーガでは、サンスクリット語のマントラを唱えることで、周りの空気を浄化し、心を静めて、思考をクリアにしていくと言われています。ざわざわしたいた思考が静まることで、「今ここ」に意識が集中します。研究が進むことでサンスクリット語のマントラが、ヨーガをしている人だけのものではなく、多くの人の力になればいいですね。

スタジオでは、クリシュナマチャリア師の教えをインドで学ばれた宗近幸代先生から習ったマントラを唱えています。是非、体感しに来てくださいね♪

om ayur dhehi  心身の健やかさに繋がりますように~

★ スタジオプラーナ神戸  ヨーガセラピー担当 齊藤 ★

 

幼稚園のママ達とヨーガを楽しみました(^0^)

垂水区にある桃ノ木幼稚園で、ママ達に向けたヨーガレッスンをさせていただきました(^0^)この幼稚園で役員をしているママさんとは、マタニティヨーガからのお付き合いです。

マタニティヨーガで出会い、無事に女の子を出産、そして、ママ&ベビーのクラスでも一緒にヨーガを楽しみました。その後、お仕事に復帰されました。どうしているかなぁ?と思っていたら・・・なんと、数カ月前にバッタリと電車の中で再会しました。その事がきっかけで、ママ達へのヨーガの企画に繋がりました。

この桃ノ木台は、私にとっても懐かしい場所なのです。震災後に住んでいたマンションの立て直しをしている間に2年間住んでいました。この日は、開始の時間より早くついたので、ご近所を散策してみました。上の娘が幼稚園の年少さんの頃を過ごしたハプニング多き思い出の詰まった地。月日の流れを感じたり、その頃と変わらない風景に癒される時間を過ごすことが出来ました。

幼稚園に近づくと、朝の挨拶の大きな声。お歌を歌う可愛い声が聞こえてきます♪ 自然と笑みがこぼれる。そして、走馬灯のように幼稚園時代の娘たちの姿がよみがえってきました・・・

お腹にいる時から1歳半まで知ってるAちゃんとの再会がありました。年長さんになって元気に体操していました。すくすくと大きく成長していて、本当に懐かしくて嬉しい~

そして、お子さんを送って来たママ達とのヨーガの時間が始まりました。自分の為にゆっくりする時間がなかなかとれない子育て真っ最中のママ達。このひとときを楽しんでいただこう(^0^)!

ヨーガは自分と向き合う時間。ヨーガの動きや呼吸をツールとして自分と向き合ってもらいました。自分の呼吸を眺めながら体を動かしていきます。肩の力が緩む~呼吸が深まる~体が温かくなる~眠たくなってきた~あっという間の1時間。終わった後は、ママ達の表情が和らいでいました。ママ達の笑顔が本当に素敵!

リラックス出来た! 気持ちよかった~。体が温かくなった。肩がほぐれた~。などの感想がいただけました。

子育ては楽しいことも多いけど大変。ママ達は常に緊張して頑張っています。たまには頑張らない自分も認めてあげましょう♪♪ママがリラックスして笑顔になると、それがお子さんに伝わり、お子さんのパワーの源になります。

元気に走り回る園児達、優しく見守る先生の姿にこちらが元気をいただき、癒されました。企画してくれたママさんありがとうございました。素敵な出会いと繋がりに感謝します💛

★☆★ スタジオプラーナ神戸 水谷 ★☆★

6月のキャンペーンのお知らせです(^0^)/

スタジオの周りに紫陽花の花が咲き始めました。もう6月ですね。

もうすぐ始まる梅雨の時期は、湿度が上がり、体が重だるく何だかやる気がしない日もありますよね。そんなときは体を動かしながら気持ちを前向きに変化させていきましょう♪

6月のキャンペーンは、一か月通い放題のフリーticket(10800円)を購入の方にヨガタオルマットをプレゼントします。この機会にフリーticketを購入しませんか?

ヨガを始めるのにもとってもいいチャンスです!

マットの上にヨガタオルを敷くと、汗を吸収してとっても心地よくシャバアーサナが出来ますよ(^0^)

普段は無意識の呼吸を意識しながら、呼吸の始まりから終わりまでを眺めながら、今を感じていきましょう。思考が静まり、心地良さが広がっていくのを感じてみましょう。

本当の幸せは心の平安から始まります・・・

★スタジオプラーナ神戸★

 

 

 

5月3日(木)親子ヨーガ開催します(^0^)!

5月3日(木)10:30~11:30に親子ヨーガを開催します♪

前回も休日のパパが多く参加してくれました。日頃は、ママとベビーはどんな事をしてるのかな? 親子でヨーガ、自分も体験してみたいなあ。というパパ達が多くて嬉しいです。好評なので、また開催します♪

自然と笑い合っているご夫婦の姿、その間で笑うお子様達。他も家庭の話を聞いたり、パパは、自分の子供以外は触れ合うことが無いので興味深々です。自分の子供と抱き比べてみたり、とっても微笑ましいです。

子育てをする過程で、たまにはぶつかり合ったり意見が違ったりと色々あると思います。もっと協力して欲しいと思っているママ達もいます。一方で、子育てをしながらどんどん逞しく変化していくママに関心しているパパもいます。

ヨーガは、「結びつける」という意味が語源となっています。同じ時間を過ごすことで夫婦の結びつき、絆がきっと深まっていくことでしょう✨

あっという間に過ぎていく、可愛い幼少期のお子さん、是非ともご夫婦でご参加くださいね。貴重な体験、ご家族の良き思い出作りになりますよ。

ご参加、お待ちしています(^∇^)

★☆★ スタジオプラーナ神戸 ★☆★

 

幸福は心の平安から生まれる

「幸福は心の平安から生まれる」

そう語るのは、祖父が近代ヨガの父(クリシュナマチャリア師)であるカウストゥッブ・デシカチャー師です。

現代社会の問題のひとつは、不安と恐怖の中で生きることをよしとしていることです。どこに行ってもセキュリティシステムがついていて、何層にも重なっています。それは、私たちが不安や恐怖を抱いているからなのです。

ヨガの目的は、はるか昔から、そうした苦しみを和らげて幸福感を高めることだったのです。苦しみを軽減してくれるものです。ヨガは、幸せになるためのツールなのです。もし、十分に幸せならヨガは必要ないのです。

伝統的なヨーガは、より深い内面に手を差し伸べるツールがあります。多くの人はヨーガをアーサナ(ポーズ)のことだと思っています。アーサナは、ほんの小さな部分です。ヨーガはもっと、もっと多くのツールがあり、もっと多くの有効なシステムがあるのです。

身体的に健康であっても幸せとは限りません。たとえ病気であっても、もっと深いところで幸せを感じることはできます。幸せとは、私たちの心と関係しているからなのです。

★☆★スタジオプラーナ神戸 齊藤★☆★

アーユルヴェーダ ~春の過ごし方について~

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは人それぞれの持って生まれた体質、その季節に合わせてケアの方法があります。

その基本は自分をまずは知ることが大事です。

大きく3つに分けられます。あなたはどれですか?

★ヴァータ体質型 → 軽快で自由を好み、一か所に安定することを嫌う性質があります。好奇心が旺盛で積極的に活動する。周囲を明るく幸せにする活発さ持っています。しかし、スタミナが無いので、定期的な休息と食事が必要です。体格は、背が高いが、細身で小柄な人。冷え性の人が多いです。

◎ピッタ体質型 → 強い集中力と物事を見通す鋭い感性を持つ。短気で怒りっぽいとことがある。情熱的で正義感に強く、困難に出合っても、自分が目的を達成するための喜びに変えることができる。体格は、中肉中背です。じんましんや目の充血を起こしやすい人が多いです。

◆カパ体質型 → すべてにおいて安定型。物事に動じることなく、つねに平和的な心で対処できる。豊かな愛情で人を包こむ寛大さがある。始めたことは途中で投げ出さずに、ゆっくりと確実に自分のものにしていきます。体格は、太りやすい人が多い。アレルギー性の鼻炎、咳や痰がでやすい。

人は、それぞれに特質があり、その乱れを整えることでその人の良いところが前に現れ出します。子供の頃の体質が本来の自分の姿であるとも言われています。その状態に、自然な状態に戻ると人は幸せを感じます。

冬から春にかけては、特にヴァータの乱れが起こります。風の性質なので、食欲も日によって不規則になり、その為に便秘がちになります。体のあちこちと痛かったり、関節が痛み、頭痛も起こりやすいです。冬に溜まったアーマ(未消化の老廃物)が出てくる時期なので、花粉症、目の痒みを発症しやすいです。

そこで、アーユルヴェーダ式の朝の理想的な過ごし方をお伝えします。基本は早起きです。寒い冬から少し暖かくなってきたので始めるのに最適な時期だと思います。

①日の出前に起床→②口をゆすぎ、舌ごけを除去→③白湯を飲む(少し熱めのをゆっくりと→④ヨガなどの簡単な運動→⑤洗顔→⑥排泄→⑦オイルマッサージ(時間がなければ足の裏だけでも)→⑧入浴、シャワー→⑨着替えて朝食を摂る→⑩食後は、軽く散歩をする。

たぶん、これを全ては急にできないと思います。どれか出来ることから始めてみませんか(^0^)! まずは、早寝早起きでもいいですね♪

生命のエネルギーが高まり、病気になりにくくなり、内面からの美しさが現れて、声のはりや肌に艶が出てきます。体に本来の働きを取り戻していきます。内側からの幸福感に繋がっていくことでしょう★

★スタジオプラーナ神戸★

退歩のススメ

この本を基にしたワークショップに参加してきました♪

禅の僧侶である藤田一照先生と、武術家である光岡英稔先生のコラボレーションでした。開催の場所はお寺です。

主催者は「Temple」という「いのち」を真ん中においた対話の場所を提供する団体です。各地のお寺で開催していて、お寺で開催はしますが宗教、その人の社会的な立場や肩書から離れた場所でくつろぎ、対話していきます。関西での開催ということで、そして前から尊敬している藤田先生の講座ということで大阪に行き参加しました。

参加者同士のリアルな対話と体験です☆

現代人に比べて先人たちは、身のこなしが滑らかで無理がなかったように思います。女の人でもお米の俵を持ち上げていた写真なども残っています。しかし、現代人は形を見てそれをまねたり、自分たちの思い込みで間違った筋トレを行ったりで、結果的には日常生活的には滑らかさが無くなっています。

体の右、左、それは左右対称ではなく、自分の思っている体の表と裏も思い違いがあるなど、光岡先生のお話は目から鱗でした!先生の誘導で体を動かしていくと、滑らかに無理なく動かせるのです。あらあら不思議~~

スピードスケートの小平選手も古武術を学び、余分な力の抜き方、スタートの手の位置を変えて、記録が伸びてメダルの獲得に繋っています✨

ヨーガの話にもなって、私が学んでいるクリシュナマチャリア師(現代ヨーガの父)がヨーガを通して大切な何を伝えたかったのか?も語ってくださいました。まさか、ここで聞けるとは・・・

個々の人に合わせたヨーガ、そして効果が上がっていたのを弟子たちが一連の動きに集めて発表(体系化)したことによって、大切なものが伝えられなくなったそうです。結果、ヨーガはどうして行われるようになったかも欠如してしまったようです。

先人が本当に伝えたかったこと、常に「どうしてこれを行うの?何度も退歩して考えてみて、基本に戻ることの大切さを改めて感じる機会となりました。

五体投地、座禅の仕方、内観の方法など、「自然体」への道を探求するお二人の方から力をもらえる貴重な時間となりました。

ヨーガはすべての人のものです。体を鍛えるためのものではなく、何のために行われてきたのか? なんども退歩しながらススメていきたいです。大切なことを伝えていきたいです。

★スタジオプラーナ神戸 齊藤★

行動を起こすときの動機

空も春らしくなってきましたね。青くて澄んだ空は、見ているだけで気持ちいいですね♪

誰かに何かをしてあげたいなあ。喜んでもらえるかな? 行動を起こす前に色々と考えてしまいます。しかし、この行動を起こすときの動機はとっても大事なのです。

自分への見返りを考えたり、何か自分の利益を考えての行動になっては相手を結果的には傷つけ、信頼を失うことになります。

「八百長」という言葉の由来は知っていますか?

八百長は、明治時代の八百屋の店主「長兵衛(ちょうべい)に由来します。長兵衛は、通称「八百長」と呼ばれていました。相撲の年寄「伊勢海五太夫」の囲碁仲間であった。碁の実力は長兵衛が勝ってました。しかし、長兵衛は、勝敗を調整し、相手を勝たせたりして伊勢海五太夫のご機嫌をとっていました。相撲部屋の野菜の調達を考えての行動でした。

その後に勝敗を調整していたことが発覚し、長兵衛は、相撲部屋には出入り出来なくなりました。それから相撲では、わざとに負けること、事前に示し合わせて勝敗を調整することを「八百長」と言うようになりました。

先日、チベットの僧侶とお話をする貴重な機会がありました。その時も、行動するときの動機についての話が出てきました。

動機、心根が一番大事なことであると話してくださいました。その人の事を真剣に考えてあげる。どんなことを望んでいるのか?何をしてさしあげれば、相手が本当に幸せなのか?行動に起こすときは、自分の利益は考えないで純粋な気持ちで相手と向き合うこと。寄り添うことが大事。利他の心で接することの大切さを教えていただきました。

しかし、行動を起こすときは色々と考えてしまうのが人間です。こんな事をしても誰かの役に立つのかしら?等々・・・

ヨーガの教えにも「カルマヨーガ」というものがあります。「カルマ」行為を表します。行動(行為)する時の動機は純粋で、その結果はその人の手の中に無いもの。結果は行動する前に放棄しておかなくてはならないものであると言われています。

なかなかに難しい教えです。この「カルマヨーガ」については日々の生活の中で実践しながら、結果を気にしてる自分に気づいたら手放すを繰り返していく練習がいります。

結果を手放せると、毎日が楽に、そして、今のやっていることにだけ集中できるようになります。どんな結果になるんだろう?が無くなることで、今に意識が集中します✨

今一度、「行動を起こすときの動機」について考えてみませんか?

子供の時は、だたただ、誰かに喜んでもらいたかったように思いますね。純粋さ、とっても大事ですね(^0^)

ママと子供のヨーガ