ぎゅーっと抱きしめて?

山口創先生の書かれた本のお話です。

“子供の「脳」は肌にある”

公共広告機構が、増え続ける虐待を防止する目的で訴えていたメッセージとして紹介されていました。

すごく大切なことだと思います。お母さんだけでなく、関わる方の温かさを伝えてあげましょう。

小さな頃に抱きしめていた温もりが肌を通して、子供の心の奥の大切な記憶として残ります。

こんな時だからお母さんの温かさを伝えてあげましょう。ギュ〜と抱きしめてあげましょう。

思春期になったお子さんのこころの成長につながるでしょう。

「抱きしめる、という会話。」

子どもの頃に抱きしめられた記憶は、ひとのこころの、奥のほうの、
大切な場所にずっと残っていく。

そうして、その記憶は、優しさや思いやりの大切さを教えてくれたり、ひとりぼっちしゃないんだって思わせてくれたり、そこから先は行っちゃいけないよと止めてくれたり、死んじゃいたいくらい切ないときに支えくれたりする。

子どもをもっと抱きしめてあげてください。ちっちゃなこころは、いつも手を伸ばしています。

子どもにとってお母さんの温かさは宝物です。そばにいるお子さんをギュ〜と抱きしめたり、触れてあげたり、手を繋いだり。
いっぱい抱きしめてあげましょう。

お母さんの気持ちが伝わります。

可愛い、可愛い宝物が輝いて行けるように。

★☆ マタニティ ママ&ベビークラス担当 水谷 ★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です