妊婦さんにお伝えしたいことがあります?

コロナウィルス感染予防のため産婦人科では、母親学級や、両親学級、マタニティヨガなどのイベントが中止になってます。だから妊婦さんに伝えたいお話があります。

 

出産を迎える妊婦さんがお産とどう向き合うか!

陣痛の痛みをどうのりこえていくか!

いろんな思いがありますよね。

お母さんが不安になるなると一心同体である赤ちゃんにも伝わってしまいます。

お母さんな心地よさは一心同体である赤ちゃんに伝わり同じ心地よさが味わえます。赤ちゃんはお母さんを思いながら、お母さんは赤ちゃんを感じながら出会えることを楽しみに陣痛さんの痛みを受け入れましょう。

 

九島先生の自然出産とマタニティヨガに書かれてある陣痛さんのお話をご紹介させていただきます。

 

陣痛と一体になる

 陣痛と一体になるには、意識を集中して体の声を聞こうとしなければなりません。人によってはその声はいろいろに聞こえるでしょうが、私には次のように聞こえてきます。

『私は子宮です。私の唯一の働きは収縮です。収縮はエネルギーです。私は今妊娠し、ベビーを抱えています。きれいな羊水をいっぱいに満たし、その中にベビーを浮かべて育てています。時々は可愛くてたまらず、やさしく収縮して抱きしめてしまいます。しかし、やがてそのベビーとの悲しい別れの日が来ます。

 予定日が来ると私はベビーを世の中に送りだすために、収縮して子宮口を開きます。そしていよいよベビーが生まれる時には、世の中に出て呼吸するのに困らないように、収縮するたびに胸を圧迫して呼吸運動を教えます。

 私の主人である貴方が、私に「陣痛」というあだ名をつけていやな目で見ていることです。私は何も貴方を苦しめているわけではありません。むしろ私と一緒になって、ベビー誕生に力を貸してください。いえ、何も力を貸すといっても、難しいことではありません。私がエネルギーを出して力いっぱい収縮したら「あら、お願い、ご苦労さん」と言って、心と体をリラックスしてくれれば、それでいいんですよ。そしてゆっくり息を吐いたり、動きたいように動いてみてください。それだけで私の仕事ははかどります。まあ、妊娠中も時々私に話しかけてください。そして私が抱いているベビーともお話してください。私たちはよい仲間なのですから、触れたり、なでたりしていただくと私、本当にうれしいのてす。それではまた会いましょう。サヨウナラ』

 

陣痛さんを感じたら、心と体をリラックスしましょう!ゆっくりと息を吐いたり、動きたいように動いてみてくださいね。お腹の赤ちゃんと一緒に!

 

痛みに取り込まれないように、ゆっくりと息を吐いて、緩めてあげましょう。赤ちゃんの為に?

出来るだけ、前向きなことを考えながら、穏やかな時間を過ごしてくださいね。

★☆ マタニティヨーガ、ママ&ベビーヨーガ担当 水谷 ★☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です