妊婦さんにお伝えしたいことがあります?

コロナウィルス感染予防のため産婦人科では、母親学級や、両親学級、マタニティヨガなどのイベントが中止になってます。だから妊婦さんに伝えたいお話があります。

 

出産を迎える妊婦さんがお産とどう向き合うか!

陣痛の痛みをどうのりこえていくか!

いろんな思いがありますよね。

お母さんが不安になるなると一心同体である赤ちゃんにも伝わってしまいます。

お母さんな心地よさは一心同体である赤ちゃんに伝わり同じ心地よさが味わえます。赤ちゃんはお母さんを思いながら、お母さんは赤ちゃんを感じながら出会えることを楽しみに陣痛さんの痛みを受け入れましょう。

 

九島先生の自然出産とマタニティヨガに書かれてある陣痛さんのお話をご紹介させていただきます。

 

陣痛と一体になる

 陣痛と一体になるには、意識を集中して体の声を聞こうとしなければなりません。人によってはその声はいろいろに聞こえるでしょうが、私には次のように聞こえてきます。

『私は子宮です。私の唯一の働きは収縮です。収縮はエネルギーです。私は今妊娠し、ベビーを抱えています。きれいな羊水をいっぱいに満たし、その中にベビーを浮かべて育てています。時々は可愛くてたまらず、やさしく収縮して抱きしめてしまいます。しかし、やがてそのベビーとの悲しい別れの日が来ます。

 予定日が来ると私はベビーを世の中に送りだすために、収縮して子宮口を開きます。そしていよいよベビーが生まれる時には、世の中に出て呼吸するのに困らないように、収縮するたびに胸を圧迫して呼吸運動を教えます。

 私の主人である貴方が、私に「陣痛」というあだ名をつけていやな目で見ていることです。私は何も貴方を苦しめているわけではありません。むしろ私と一緒になって、ベビー誕生に力を貸してください。いえ、何も力を貸すといっても、難しいことではありません。私がエネルギーを出して力いっぱい収縮したら「あら、お願い、ご苦労さん」と言って、心と体をリラックスしてくれれば、それでいいんですよ。そしてゆっくり息を吐いたり、動きたいように動いてみてください。それだけで私の仕事ははかどります。まあ、妊娠中も時々私に話しかけてください。そして私が抱いているベビーともお話してください。私たちはよい仲間なのですから、触れたり、なでたりしていただくと私、本当にうれしいのてす。それではまた会いましょう。サヨウナラ』

 

陣痛さんを感じたら、心と体をリラックスしましょう!ゆっくりと息を吐いたり、動きたいように動いてみてくださいね。お腹の赤ちゃんと一緒に!

 

痛みに取り込まれないように、ゆっくりと息を吐いて、緩めてあげましょう。赤ちゃんの為に?

出来るだけ、前向きなことを考えながら、穏やかな時間を過ごしてくださいね。

★☆ マタニティヨーガ、ママ&ベビーヨーガ担当 水谷 ★☆

 

今だから出来ること✴️

コロナウィルスの蔓延で、日々の行動に自粛があり、行動範囲、仕事にも影響が出ています。

何も出来ないのか、その中でも出来ること。色々な場面で創意工夫がいりますね。

先日から、ヨーガの勉強会なども、各地から集まるので、zoom(ネット会議)で行っています。

今日は、禅僧の藤田一照先生の座禅会をzoomで受けました!なんと270名も参加で、アメリカ、ロシア、ドイツ、オーストラリアにお住まいの方も参加していました。

先生の誘導で30分ほど体をほぐし、20分~30分の座禅を2回行いました✴最後に質疑応答やシェアタイムがありました。

色々な国に住んでる方々と、ただただ座り、今の自分の体がどうなっているのか感じ、そして、呼吸や聞こえてくる音に意識を向けて座りました。

終わった後は、体と心が温かくなり、周りの方々とのワンネス(一体感)を感じました✴

質問タイムを入れて2時間くらいでしたが、この時間は、コロナウィルスの事も忘れて、本当にリラックスできました。意識を向ける先を自分でコントロールすることで、こんなに平和を感じれるのですね。一人で行う瞑想も心地よいですが、先生、参加者との一体感に癒されました✴

行動に自粛がある今だから出来ること。まだまだありそうですね。

自分自身の内側が静まることで、周りの方々を思いやる心、行動に繋がりますね。

Om santih santih santih ✴

☆★ ヨーガセラピー 担当 さいとう ★☆

「シッダールタ」という本について

ドイツ生まれのスイスの作家、ヘルマン・ヘッセの書いた本です。

題名をみて、お釈迦さまの本かなと思われる方も多いのでは、、、実は違います。インドには、「シッダールタ」という名前はよくあるそうです。

シッダールタという名前の主人公が、彼の一生を通して、仏教の教えの本質を伝えてくれる名作です。まだ、読まれてない方は、是非ともお読みくださいね。

南インドの話なので、シッダールタがお釈迦と出会う場面もあります。

主人公は、様々な体験をしながら、経験により、お釈迦の伝える「真理」を深く知っていきます。ただ「真理」を鵜呑みにするのではなく、体験から気づき、真理を深く知ります。苦しみからの解脱する道に繋がります。

他の誰でもない自分自身により、目覚めることが重要なのです。

主人公の言葉で印象的だったのは、「知識は伝えることができるが、智慧は伝えてることができない。」内側からの気づきしかないのですね。

自分の体験によってしか目覚めることはできない。そして、自分の意見を持つこと。自分の内側から気づき涌き出す、本当の思い、意見のことです。そして、他人の意見も尊重すること。多くの気づきを与えくれる本です。

是非とも、読まれてない方は、読んでみてくださいね?

☆★ ヨーガセラピー 、瞑想クラス担当 さいとう  ★☆

「病気は才能」おのころ心平 著書

ボディ・サイコロジストとして有名な おのころ心平さんの本です。随分前に読んだのですが、最近になって、気になりもう一度読んでみました。気になったときは意味があるんですね。一回目に読んだときよりも、深く心に染み入りました。

大病をして、人生が変わったという方々に、最近よくお会いします。一人の方は、体に病気が無く元気だった頃の方が、色々な意味で不完全であったと思うと・・・病気をして狭かった視野が広がり、本当に自分がしたかった事に出会えて、日々の当たり前のことが幸せに思えてしかたないです。とお話されていました。

この本は、「病気とは、本当にネガティブなものなのか?」という思いになり、ココロと体の偉大な力に気づかされます。

体の症状から、そこにどんなココロのメッセージがあるのかを読みといていく内容の本になっています✨

体に表れる症状を否定しないで、症状を悪いものと決めつけてしまわない。その症状の裏にあるココロを見つめ、体の不調のサインを受け止めて「思い込み」を手放すチャンスを病気から与えてもらえる。

病気の中に、あなたの「自分らしさ」を見つけることができる本です。私も2回読んで、深く気づく部分が多かったです。な~るほどと、周りの人に当てはめても、府に落ちました。

そして、自分に優しくなれる本だなあ。と思いました。お勧めします!

桜が待ち遠しいですね?

★☆ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

赤ちゃんは、「おんぶ」も大好きです!

前回のブログでは、「抱っこ」について書きましたね。今回は、「おんぶ」の良さをお伝えします(^0^)

街を歩いていても、「おんぶ」の方って少ないですよね。おんぶされていても見えるのはお母さん、お父さんの背中。でも、本当は、お母さん、お父さんの肩越しからお顔が見えるぐらいの位置がいいのです。

お母さんが料理をしている時、同じ目線で見ていると、目からの情報、耳から聞こえる音、鼻で感じる匂いなど・・・

赤ちゃんは、五感を使いながら、お母さんと同じ景色が見えています。色々と感じることで、食に対する興味も沸いてきます。脳の発達にもよい影響があります。何かをやりたい、前向きな意欲にも繋がります。

「おんぶ」の位置を上げることで、お母さん自身の骨盤や骨盤底筋群の強化や背中のケアにもなります☆

お母さんと同じ目線で、同じ景色を見せながら過ごしましょう★

ママ&ベビーのクラス、ママサポートクラスでもお伝えしていますので、是非、ベビーとご参加くださいね☆

★ママサポートクラス→ 火曜日 13:30~15:00

★ママ&ベビークラス 木曜日 10:30~12:00

★☆ マタニティ、ママ&ベビーヨーガ担当 水谷 ★☆

★マントラワークショップ開催しました★ 

春がもうすぐそこに来ていますね。3月になりましたね!

スタジオは、マントラのクラス開催で明るいスタートになりました!マントラは、自分自身の内側を浄化して、周りの空気も浄化させてくれる効果があります。

色々なイベントが開催中止となる中で、少人数で清潔、安全に考慮して行いました(手洗い、うがいを徹底しました)

ヨーガという言葉の語源は、「繋がる」。不確かな情報に振り回されて心身の不安を抱えている方々も多いです。この時期だからこそ、自分自身と繋がることが大事です。

マントラはヨーガのツールの一つで、もっとも強力な力があり、心を安定させ、自分自身としっかりと繋がることができます。今の瞬間に意識を向けていくことができます。

心が安定することで、正しい判断力がつきます。

この日は、マントラを唱える上でのルールについて基礎知識や、実際にマントラを唱える練習をしました。

☀太陽を表わすマントラ、命を輝かすマントラを唱えました。体の内側から温かさや、優しさを感じとる方々もいました。

次回の開催も楽しみです☆

★☆ ヨーガセラピー、瞑想クラス担当 齊藤 ★☆