★マタニティヨーガ協会の講習会★

写真は、ママ&ベビーヨーガの様子です?

先日、マタニティヨーガ協会の講座に出席しました。講師は、産婦人科医の森田先生です。助産師さんが半分くらいで、助産師さんは、自分の働く病院や助産院でマタニティヨーガを行っています。あとの半分くらいが、ヨーガインストラクターの方々です。病院の中や、スタジオでマタニティヨーガを行っています?

私達、ヨーガインストラクターは、そこに参加する助産師さんから、自分の経験できない話を聞くことができます。出産の経過や出産の様子など、リアルな話から多くを学ばせていただいています✨

子育てや出産も、自分で経験したことでわかることもあれば、人の経験を聞いたからこそ助かったこともあります。溢れる不確かな情報に惑わされるのではなく、自分が直面したことに必要なものを取り入れていけばいい。

今の自分を見つめることが大切です。どうして、自信がないのか、人のアドバイスを受け入れられないのか考えてみる。自分の体、呼吸を意識しながら、目の前に起こる出来事から学んでいくことが大切です。このようなお話がありました。

1月号のマタニティ通信に下記の内容が、書いていました。

「世界のお産、ニッポンの出産?」

きくちさかえさんの本に、基本的にお産はとても面白く、育児は楽しいものだと思います。スピーディーで消費的な現代社会だからこそ、不安を抱えた母親たちに先人たちが生き方や育児へのポジティブな思いを伝え、ヨーガで身体の生きる力を活性化する実績を続けていくこと。これが、今の私達にできる、そして一番大事な役割ではないでしょうか。

善いことも悪いことも、人生の経験に無駄はありません。人生は学校のようなもの、経験から色んなことを学べます✨

★マタニティヨーガ担当 水谷 ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です