「ほっとサロン💛」 ~ 緩和ケア ~

緩和ケア医師の藤川先生は、5年前から「ほっとサロン」を開催しています。がん患者さん、その家族、誰でも受け入れてお話を聞いてもらえる ほっと出来る場所です。

自宅で行っていて、ちょうど5年になったので、「ほっとサロン5周年」がご自宅の近くの公民館で開催されました。私が世話人をしてる「ゆずりは芦屋サロン」にも先生は何度も来てくださり、素敵なアドバイスや感想を伝えてくださいます。ほんとうに、お優しく癒される先生です。

5周年というこで、テノール歌手をしている息子さんが歌を3曲も披露してくださいました。透明感のある素敵な歌声で、人柄がにじみ出ていました。

参加者同士の語り合いでは、マザーテレサのお側でボランティア活動を10年もしていたという方のお話も聞けました。どんな活動をしてマザーテレサからどんな事を学んだかとか、ユーモアのある人柄のエピソードなど、本当に色々とお話を聞かせていだたきました。

苦しんでいる方がいるとき、言葉はいらないのかも知れません。不用意な言葉は相手を傷つけることにもなります。その方から、「側にいてもいいよ。」という気持ちが伝わってきたら、側にいて、必要なことをお手伝いさせていただく。お話をただただ聞く・・・ 側にいて祈る・・・ そして、側にいさせてもらえた事に感謝ですね。

色々な方々のお話を聞きながら、本やインターネットの情報では得られない、素敵な体験が出来ました☆ 人との繋がりを大切にしていきたいですね。

★☆ 優しいヨーガ、ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

怒りの感情は、自分を深く知るチャンス☆

日々の生活の中で、人間ですから怒りの感情がわき上がることは、誰にもありますよね。

写真の海は、穏やかですが、怒っているときは、荒波が立つようなイメージですよね(`Δ´)

なかなか、難しいですが、怒りの感情は、自分をよく知るためになる出来事でもあります。どんな時に、いつも反応して怒るのか、、、

更に感情を高めたり、その感情を否定するのではなく、観察してみることで、その奥にある根本的な原因に気づけることになります。

怒りは、他者への攻撃ではなく、自分の中への反応です。ダライラマ14世界は、自分の体や心を痛めることになるので、怒りの感情は、慎重に扱いながら、薄らぎながら、無くなるようにと、いつも話されています。

怒りの感情を否定せず、受け入れて観る、そして共にいきながら、変容させていくことが大切と言われています。

瞑想クラスでは、否定せず、起こったことを見つめる練習になります。何事も繰り返しの練習ですね。早道?は、ないですね。練習ながら、自分を深く知りて、変容させていきましょう☆

次回の瞑想クラス↓

10月26日(土) 15時30分~です。

体を動かしてから、瞑想します✨ 初心者向けの瞑想会ですよ☆

☆ 瞑想クラス担当 さいとう ☆