第4回闘病記フェスティバルに参加してきました!

8月12日~14日に開催された「第4回闘病記フェスティバル」に参加しました。ケアリングヨーガ協会のスタッフとして参加して、希望者には無料のケアリングヨーガの体験会も行いました。

初日の講演は、久保田一男さん。久保田さんは、難病学生患者を支援する会代表、そして、リレー・フォー・ライフ・ジャパン大阪あさひ初代表実行委員でもあります。

息子さんである鈴之助君は、小児がんを再発させながらも、大学入試センター試験に挑戦しました。しかし、夢の途中で他界しました。

久保田さんは、息子さんの意思を受け継ぎ、病気の高校生が授業を受けられる環境を作る活動を精力的に行っています。そして、命の大切さを伝える活動を行っています。

講演の最後に、鈴之助君の友人であるけんたろう君(彼も難病を抱えている)の弾き語りがありました。キロロの「未来へ」。

会場が感動に包まれました。きっと、鈴之助君も大きな拍手を彼に送っていたことでしょう★

そして、最終日は、病室写真家TAKAさんの講演でした。3年前に多発性骨髄腫を発症。辛い苦しい闘病生活の中でも、何か楽しみを見つけることの大切さを、写真で語り伝えてくださいました。素敵な笑顔です。これからも「生きた喜びを世界に伝える」この使命を果していくことでしょう。心から応援しています。

多くの出会いがありました。一人の力は小さいのですが、互いに協力することで大きな力になります。今回の参加者の方々とも互いに協力していきたいですね。

まだまだ、暑い日が続きますが、皆様、お身体をご自愛くださいね。

★☆★ ヨーガセラピー・優しいヨーガ担当 齊藤 ★☆★

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です