♡まちで愛をはぐくむ♡

日本ホスピス・在宅ケア研究会2019年のフォーラム「黒田裕子記念」で、「ゆずりは 芦屋サロン」の現状を発表します。

がん患者サロン「ゆずりは」は、看護師さんであった黒田裕子さんの作られた患者会です。がんサロンの世話人をして3年目ですが、黒田さんの目指していたサロンになっているのか不安になる時があります。黒田さんのことを良く知っている方々から聞きながら想像しています。

「黒田裕子記念」のタイトルがとてもいいですね。その人を思い出し気持ちを新たにする日になりそうです。黒田さんの思いをしっかりと受け継ぎたいです。

寄り添うこと。その人の話にしっかりと耳を傾けること。そして、今の私に出来ることをするしかないですね。

どんな発表をしようかと考えているのですが、参加された方の感想を読み返していると、胸がいっぱいになります。生きた言葉。他者を思いやるその気持ちが伝わってきます。人の話を聞いて、自分の内側を見つめなおしていたり。それが、言葉から伝ってきます。

「ありがとうございます。また来ます!」

その言葉に励まされながら、世話人を続けられているように感じます。

自分の発表も大事ですが、在宅医の先生、訪問看護師の方々のお話を聞けるのもとても楽しみです。いっぱい、いっぱい、知識を吸収してこよう!

★☆ 優しいヨーガ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

たけしの家庭の医学でヨーガが紹介されました!

今週の11日㈫に放送の「たけしの家庭の医学」で、不眠を解消するのにヨーガが最適ですと紹介されましたよ。皆さん、ご覧になりましたか?

観てなかった方のために、内容をご紹介しますね!

眠ることには、自律神経が関係しています。行動するのに必要な交感神経と休む時に必要な副交感神経があります。運動などで高ぶった交感神経は、副交感神経によって落ち着きを取り戻します。この2つの神経の上げ下げが緩やかになり、次第に交感神経と副交感神経のメリハリがなくなってしまうのです。不眠の原因もこの切り替えのバランスの崩れなのです。

自律神経のメリハリがなくなる大きな原因は加齢ですが、運動や日常での生活を見直すこと、自律神経が正常に働くようになり、二つのバランス、そして切り替える力がついてきます。

そこでヨーガが紹介されていました。ヨーガセラピーになります。激しい動きではなく、呼吸を意識しながら、力を入れる→緩めるをメリハリをつけながら行います。写真のような動きを繰り返しながら、交感神経と副交感神経の切り替える力をアップさせます。

深い眠りを得られる可能性が高まります。

行うタイミングはいつでもOK!頑張り過ぎないでリラックスしながら、緊張と弛緩を脳で感じていきましょう。

スタジオのレッスンでも行いますよ!夏に向けて睡眠不足は体力を消耗させてしまうので、眠りの質を良りよくしていきましょう♪

★☆ 優しいヨーガ、ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

★子育ての支援イベントに参加しました☆

第1回目の子育て支援イベントに、ケアリングヨーガ協会の代表として参加してきましたよ。今回は、大阪天王寺区民センターで開催されましたよ。

特別支援教育士、臨床心理士、ケアリングヨーガ協会が、互いの得意分野を発揮してのイベントです。

遊んでヨーガして、リラックス、子育て中の保護者が気軽に集まり、語り合える場所です。

子育ての悩みを相談しながらシェアしたり、ほかの家族の思いが聞けたり、繋がりの和が広がり、温かい空気感、とても穏やかな時間がすごせました。

ママ達が知り合う機会は多いけど、パパさん達にはないですよね。ワークが終わったあともパパさん達が意気投合していた姿が、とっても微笑ましかったです!(^0^)!

夏にも開催の予定です!

★☆マタニティヨーガ、ママ&ベビーヨーガ担当 水谷 ★☆