人生100年時代がやってきました☆

先日、マタニティヨーガ協会の講習に参加してきました☆

マタニティヨーガの事だけでなく、健康について色々と学べる場所となっています。今回は、「人生100年時代」についてのお話もありました。最近は、テレビの番組でも特集が組まれていますね。

医学も進歩して、以前は100歳を超えたら区役所から表彰状をもらえたりということもありましたが、最近は、色々な老人介護施設にいくと90歳~100歳代の方々が多くいます。長生きは出来る時代になりました。問題は健康で長生きすることです。

その健康で長生きするには60代の壁と、70代の壁があると言われていました。60代になると、生活習慣病である高血圧、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高まります。今までの食生活、運動時間、喫煙、飲酒の量、働き方により発症のリスクは変わってきます。

60代で、一度しっかりと見直すことでその壁は乗り越えられます。食べ物を意識する。自分の出来る無理のない運動を毎日する(ヨーガもいいですよと)。タバコを控える、止める。アルコールの量を見直す、止める。意識して改善してみましょう。出来ることはいっぱいあります。

次にやって来るのが70代の壁ですね。運動機能の低下と、早い方は認知症などになるリスクが高まります。仕事から離れるので外出が減るというのもあります。一日一回は外出する。散歩しながら階段の上り下りを意識して行うなどですね。体を動かすと脳もリフレッシュします。気分の切り替えになります。

人と話をする。心と心の触れ合いが鬱っぽさからの解放になります。自律神経のバランス調整にもなります。少し、意識して行うことが大事です。この意識して行うことが認知症の予防になります。人とのコミュニケーションがとっても重要なところです!自分に出来る運動を繰り返し行う!

今から出来ることを行ってみませんか?これからの100年時代、元気で長きを目指しましょう♪ 元気に生きる為の土台をしっかりと!

須磨の海岸で見かけた松の木(老木を支える添え木)

★☆ マタニティヨーガ担当 水谷 ★☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です