今年の最後の「ゆずりは芦屋サロン」でした★

世話人として参加している がん患者グループ「ゆすりは芦屋サロン」の今年の最後のサロンでした。

今回は、年末で忙しくて参加者が少ないかと思っていましたが、私を含めて14名の参加となりました。お茶を飲みながら何を話してもよい集まりです。

今年の夏に、ガンの告知を受けてから治療法を決定するまでの間に参加してくださったHさんという女性。入院治療でもう会えないかもと思っていましたが・・・なんと笑顔で友人と参加してくださいました。

がん拠点病院で新薬の治療をしながら、「ゆずりは」に参加の方から紹介された自宅の近くの緩和ケア専門の病院にも通っているというお話でした。

その緩和ケアの先生との出会い、相性がよかったようで色々と話を聞いてもらいながら気持ちが前向きになられたようでした。がんであることは事実ですが、一日のうちの全てを病気中心にするのではなく、何かほかの事に集中したり、習い事も体調に合わせて参加したいという気持ちが沸いてこられたようでした。

お話をするときも笑顔で、こちらまで「生きる」ということへの勇気をいただきました。一緒に来られた彼女の友人も娘さんががん告知を受けていました。彼女のことも自分のことのように心配していて、二人で色々と緩和病棟やホスピスのことを聞いていました。

今日の芦屋サロンは、それぞれが誰かの力になりたい。自分の情報が役に立つのであれば何でも、何でも伝えたいという気持ちが溢れていて、とっても温かさに包まれていました。

人は誰かの役にたちたい・・・ 何とか力になれないか・・・

人間の本質にふれる、感じることが出来る空間でした。

一年の最後の芦屋サロンでとっても良い時間を共有することができました。参加者の皆様、ほんとうにありがとうございました。来年もお会いできるのを楽しみにしています。

がん患者さん、ご家族、遺族の方、緩和ケアや医療の勉強をしている方、どなたでも参加できます。ぜひ、ぜひ、お気軽にご参加くださいね。

毎月第三金曜日 14:00~16:00

場所→市立芦屋病院 4階 Café de blanche カフェドブランシュ

★☆ ヨーガセラピー担当 齊藤 ★☆

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です