苦手なことにチャレンジ!

苦手なこと。皆さんもきっとありますよね(^0^)

でも、ずーっとそれを気にしているという事は、絶対したくない事ではなくて、いつかはチャレンジして克服したいことなのかもですね。そんな経験をした私のお話です(^0^)

昨年の秋から始めた「自分磨きのプロジェクト」

苦手なこと、でも気になっていることにチャレンジしてみることにしました。そして、気にかけているとチャレンジしてみない?というチャンスがやってくるのです。

「古典インド舞踊を、もっと一般の人にも楽しんで踊ってもらう企画があるので、一緒にやってみない?」以前からインド舞踊を習っている友人から誘われました。そして、その発表の舞台は、子供のころから見るだけであった「神戸まつり」なのです。これは、チャレンジするチャンスかも???

誘ってくれた友人の舞台は見たことがあります。本当に嫌なら即答で断るはず、しかし、ちょっと待って、これはチャレンジする時が来たのかも、自分の中で少し変化がありました!

マタニティベリーダンスは、マタニティ協会の講習で、マハ先生から習ったことはあります。ゆっくりと、腰を回したりしながら、安産を目指すのもので、私にも出来ました。そのマハ先生が、「出産のときにココロが開かないと体が開かないのよ」と、講習の度に話していたのを思い出しました。私も、新しい光に向かって産み出すときがきたのですね。

ここからは、思った以上にそれは大変(-0-)

みんなの練習についていくのに、手が足がうまく動かないのです。みんなの軽やかなステップが踏めない。。。予想以上に、かなりの修業の日々でした。その一方で、練習に参加しながら少しづつ楽しさを感じてきたのも事実です。

練習の度に、何度も同じところが分からない私。根気強く練習に付き合ってくれた先生、仲間には本当に感謝です。仲間との信頼、繋がりが出来ると、自然とココロがオープンになっていくのですね~ 音楽に体を委ねてみると、自然と体に動きが入ってきました♪

そして、写真のように舞台に無事に立つことができました(^0^)!

あがり症だから、この舞台のことを誰にも言ってなかった私。皆さん、私のチャレンジに応援してくれる方々ばかりで、「もっと早くに言ってくれたら見に行ったのに~」「見たかった~」と言ってくださいました。温かい言葉、ありがとうごさいます💛

今回は、申し訳ありません。いっぱい、いっぱいでした。次回に、チャレンジする時は早めに伝えますね(^0^)

(2018年5月20日)神戸

★☆★ スタジオプラーナ神戸 水谷 ★☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です