亡き父の介護で教えてもらったこと!その4

その4 いつでも前向きに!

父の介護中に、私の一番の相談相手は母の弟。私の叔父さんです。ほんとうに助けていただいた人です。

叔父は、いつも両親のことを気にかけてくれました。父の目が段々と悪くなったときも、門扉から玄関、家の中に手すりをつけてくれました。一緒に行ける時は病院の付き添いもしてくれました。

入院先の先生との1回目のカンファレンスで、私と母が悲しい思いをしたと伝えると、次回からは必ず一緒に話を聞いて意見をしてくれました。電話で相談しても、楽しい話で笑かしてくれたりしてくれました。本当に気持ちが楽になりました(^0^)

叔父さんの日課は、健康のためにウォーキング。そんな健康を気遣う叔父の体に変化が、異変がありました。突然でした。。。風邪だと思っていたのが、みるみる体力が無くなり、呼吸が困難になりました。診断名は、間質性肺炎でした。すぐに大きな病院に移りました。

突然のことで目の前が真っ暗になりました。呼吸が普通にできないのを見ているのは本当に辛いのを痛感しました。頼りにしていた叔父が・・・変わりはてた姿で寝ています。

父がお見舞いに来ない叔父を心配したので伝えました。「正さん叔父さん、入院してるから来れないよ。寂しいね」

すると父が「お見舞い行くわ!」

無理、無理、無理に決まってる。

私たちがお見舞いに行って、父の思いを伝えるよと話ました。そしたら、父が急に歌い出したのです。

「上を向いて歩こう、涙がこぼれないように~思い出す 春の日 一人ぼっちのよる~~」

父の歌声を聞いたのは初めてです(^0^) びっくり!!!

もしかして、デイサービスで教えてもらって、歌っていたのかも・・・ 慌てて私は歌を録音しました。歌い終わると父は「正さん、がんばってな。私も頑張る。また逢いにいくわ。」

歌を歌っているとき、叔父を思って話しているときは、認知症の父ではなく、私が幼き頃から知っている父です。不思議な力が出ました。そして、なんとか叔父に聞かせることが出来ました。叔父は、静かに微笑んでいました(^-^) 二人の長年の関係から、父の気持ちが十分に伝わった気がした瞬間でした💛

それから、1か月後に、父よりも早くに叔父は天国に旅立ちました。

愛情深い父と叔父からは、多くのことを教えていただきました。人生は、予想もしない出来事が起こります。でも、手を指しのべてくれる人はきっといます。その差し出された手は握りましょ。人生はきっとお互い様です。父と叔父からは、互いに助け合って生きていく事を学びました。

ありがとう♪ ほんとうにありがとうございました♪

★☆★ スタジオプラーナ神戸 水谷 ★☆★

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です