アーユルヴェーダ ~春の過ごし方について~

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダでは人それぞれの持って生まれた体質、その季節に合わせてケアの方法があります。

その基本は自分をまずは知ることが大事です。

大きく3つに分けられます。あなたはどれですか?

★ヴァータ体質型 → 軽快で自由を好み、一か所に安定することを嫌う性質があります。好奇心が旺盛で積極的に活動する。周囲を明るく幸せにする活発さ持っています。しかし、スタミナが無いので、定期的な休息と食事が必要です。体格は、背が高いが、細身で小柄な人。冷え性の人が多いです。

◎ピッタ体質型 → 強い集中力と物事を見通す鋭い感性を持つ。短気で怒りっぽいとことがある。情熱的で正義感に強く、困難に出合っても、自分が目的を達成するための喜びに変えることができる。体格は、中肉中背です。じんましんや目の充血を起こしやすい人が多いです。

◆カパ体質型 → すべてにおいて安定型。物事に動じることなく、つねに平和的な心で対処できる。豊かな愛情で人を包こむ寛大さがある。始めたことは途中で投げ出さずに、ゆっくりと確実に自分のものにしていきます。体格は、太りやすい人が多い。アレルギー性の鼻炎、咳や痰がでやすい。

人は、それぞれに特質があり、その乱れを整えることでその人の良いところが前に現れ出します。子供の頃の体質が本来の自分の姿であるとも言われています。その状態に、自然な状態に戻ると人は幸せを感じます。

冬から春にかけては、特にヴァータの乱れが起こります。風の性質なので、食欲も日によって不規則になり、その為に便秘がちになります。体のあちこちと痛かったり、関節が痛み、頭痛も起こりやすいです。冬に溜まったアーマ(未消化の老廃物)が出てくる時期なので、花粉症、目の痒みを発症しやすいです。

そこで、アーユルヴェーダ式の朝の理想的な過ごし方をお伝えします。基本は早起きです。寒い冬から少し暖かくなってきたので始めるのに最適な時期だと思います。

①日の出前に起床→②口をゆすぎ、舌ごけを除去→③白湯を飲む(少し熱めのをゆっくりと→④ヨガなどの簡単な運動→⑤洗顔→⑥排泄→⑦オイルマッサージ(時間がなければ足の裏だけでも)→⑧入浴、シャワー→⑨着替えて朝食を摂る→⑩食後は、軽く散歩をする。

たぶん、これを全ては急にできないと思います。どれか出来ることから始めてみませんか(^0^)! まずは、早寝早起きでもいいですね♪

生命のエネルギーが高まり、病気になりにくくなり、内面からの美しさが現れて、声のはりや肌に艶が出てきます。体に本来の働きを取り戻していきます。内側からの幸福感に繋がっていくことでしょう★

★スタジオプラーナ神戸★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です