退歩のススメ

この本を基にしたワークショップに参加してきました♪

禅の僧侶である藤田一照先生と、武術家である光岡英稔先生のコラボレーションでした。開催の場所はお寺です。

主催者は「Temple」という「いのち」を真ん中においた対話の場所を提供する団体です。各地のお寺で開催していて、お寺で開催はしますが宗教、その人の社会的な立場や肩書から離れた場所でくつろぎ、対話していきます。関西での開催ということで、そして前から尊敬している藤田先生の講座ということで大阪に行き参加しました。

参加者同士のリアルな対話と体験です☆

現代人に比べて先人たちは、身のこなしが滑らかで無理がなかったように思います。女の人でもお米の俵を持ち上げていた写真なども残っています。しかし、現代人は形を見てそれをまねたり、自分たちの思い込みで間違った筋トレを行ったりで、結果的には日常生活的には滑らかさが無くなっています。

体の右、左、それは左右対称ではなく、自分の思っている体の表と裏も思い違いがあるなど、光岡先生のお話は目から鱗でした!先生の誘導で体を動かしていくと、滑らかに無理なく動かせるのです。あらあら不思議~~

スピードスケートの小平選手も古武術を学び、余分な力の抜き方、スタートの手の位置を変えて、記録が伸びてメダルの獲得に繋っています✨

ヨーガの話にもなって、私が学んでいるクリシュナマチャリア師(現代ヨーガの父)がヨーガを通して大切な何を伝えたかったのか?も語ってくださいました。まさか、ここで聞けるとは・・・

個々の人に合わせたヨーガ、そして効果が上がっていたのを弟子たちが一連の動きに集めて発表(体系化)したことによって、大切なものが伝えられなくなったそうです。結果、ヨーガはどうして行われるようになったかも欠如してしまったようです。

先人が本当に伝えたかったこと、常に「どうしてこれを行うの?何度も退歩して考えてみて、基本に戻ることの大切さを改めて感じる機会となりました。

五体投地、座禅の仕方、内観の方法など、「自然体」への道を探求するお二人の方から力をもらえる貴重な時間となりました。

ヨーガはすべての人のものです。体を鍛えるためのものではなく、何のために行われてきたのか? なんども退歩しながらススメていきたいです。大切なことを伝えていきたいです。

★スタジオプラーナ神戸 齊藤★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です