ケアリングヨーガ協会の勉強会を開催しました♪

ケアリング 2

ヨーガセラピーを担当している齊藤です。スタジオのクラスの担当のほかにケアリングヨーガ協会のインストラクター養成講座のインストラクターも担当しています。

ケアリングヨーガ協会は、高齢者、低体力者の為のヨーガ知識、実技の講座をヨーガインストラクター、介護職員を対象に開いています。ケアリングヨーガインストラクターになった方々の今後の活躍の為のブラシュアップや、勉強会なども開催しています。

今回は、スタジオで「実技の復習&ケアする方の自分自身のケアの大切さにについて」の勉強会を開きました。私は、「ケアする方々のケアの大切さについて」の講座を担当しました。最後にヨーガの簡単なポーズで体を緩めて、そして瞑想を行いました。

参加者からは、「自分の時間が持てた。こんな時間も大事」「実技実習は大切、何度も自分で感じなければ人には伝えられないですね」などの意見がありました。

スタジオプラーナ神戸の周りは、緑が多くて、この日も鳥のさえずりが聞こえてきて、静かにみなさん瞑想できたご様子でした。自然に身をまかせる委ねることは、とっても大切ですね。

自分一人で頑張らない! 仲間と協力して、お互いに成長していくことが大切ですね。自分自身をまずは大切にしましょう。ヨーガは、セルフケアにとっても有効ですよ(^0^)

ケアリンングヨーガに興味がある方は、勉強会に参加できますよ♪

図1ケアリングヨーガ協会 http://caringyoga.org

 

☆クラスの紹介☆ ~ 子連れヨーガ ~

子連れヨーガ 1

「子連れヨーガ」は、火曜日の13:30~15:00のクラスです。名前のそのまま、お母さんのヨーガの時間ですが、子連れオッケーのクラスです(^0^)!

木曜日の10時30分の「ママ&ベビーのヨーガ」クラスは、ベビーマッサージや子供と一緒にポーズを行いますが、このクラスは、お母さんが中心です。お母さんが自分と向き合う時間です。

一人で子供と向き合っていたら、笑っていたいけど、笑えなかったり。子育ての悩みを打ち明けたり、お母さんの気分が少しでもリフレッシュしてまた笑顔で子育てが出来るように、ほっこり出来る空間づくりに心がけています。子供たちは、中央に集まって自由に遊んだり寝たり、子供同士のコミュニケーションをとっていますよ。癒されます・・・(^0^)

終わったあとも、お茶を飲みながらゆっくりとして帰ってください。子育てで凝り固まった心と体の緊張が緩み癒されると、色んな話が飛び出して、楽しいお話の時間です。誰かに聞いてもらえるとスッキリしますよね。

このクラスは、ゆっくりしていただきたいので、定員が4名です。早めの予約をお願いいたします✨

< 参加者の声 >

・子供を連れて行ける施設は子供が中心で、自分のケアが出来なかったり、平日のお昼に自分の為のヨーガが出来て嬉しい。

・家でふさぎ込むこともなく、自分自身と向き合う時間がもてて幸せな時間です。

・レッスンの後は、お茶を飲みながら、和やかな雰囲気に包まれて、とても居心地がいいです。

☆子連れヨーガ・・・火曜日 13:30~15:00

☆ママ&ベビーヨーガ・・・木曜日 10:30~12:00

◎ご一緒に、ヨーガしませんか?

★ スタジオプラーナ神戸 水谷 ★

4月のスタジオ 明るいスタジオです☆

★サットサンガ★  善い人との集まり~個の自分から大我へ

かぼちゃの画像

サットサンガとは、サンスクリット語(インドの古い言葉)です。サットは、真理、純粋なもの、善きものという意味です。サンガは、集まりという意味です。

日々、色々なことが起こりますよね。自分一人では解決できないことも多くあります。そんな時は感情の起伏が大きくて、自分をうまくコントロールできないときがあります。そんなときに「サットサンガ」に参加するのはとてもいいですよ。個の自分で考えていたことが、大きな視野で物事を考えることができるようになります。社会の中で私たちが苦しむ原因の多くは、お互いの繋がりが感じられないということから来ています。家族とさえも本当の繋がりがないと感じている方も多いのでは・・・

自分の弱い部分、悩みや悲しみを話すのはとても勇気がいります。しかし、人は人との関わり合いの中でしか見えないもの、そして成長もできないのです。人との関わりのなかで自分を客観的に観る、新たな自分を見つけることにもなります。真実を語り合う家族の繋がりは、まさに「サットサンガ」です。

真実を語り合う善き集まりを持っていますか?コミュニティー、共同体があるかないかで、心身の健康状態が変わります。自分自身も自分の言葉で話し、相手の話を深く聞いて、愛を持って話し合いましょう。

人間は、それぞれがかけがいのない命を生きているのです。 互いの立ち位置で創造しながら、互いを尊敬し、思いやりをもって、話し合っていきましょう。

上の写真、どうして「かぼちゃ」なのかしら?と、思われた方もいるのでは・・・

実は、今年の春に参加したワークショップで禅の僧侶である藤田一照先生から、かぼちゃの話を聞いて、それが、まさに「サットサンガ」の大切さを教えてくれました。かぼちゃ同士が討論しているのですが、自分は、自分は・・・と、お互いに自分の主張を譲らないかぼちゃ達。その時、そばにいた和尚さんが、「さあ。みんな自分のアタマに手をやってごらん」かぼちゃ達は、みんなおのおの自分の頭に手をやってみましたら、アタマの先っぽはへんなものがついています。なんだろう?と、その先をたどってみると、一本蔓にみんなが繋がっているではありませんか? たった一つの命を生きていたのです。

自分、自分と思っている間違った視野、小さな個体を生きているのは事実ですが、しかし、本当の自己は個体以上のものでなければならない。個の自分から、大きな生命の一部としての自分を感じる為には、やはり「サットサンガ」、他者との真実の繋がりを持つことで、いろんな出来事や他人の問題も自分の為のことであることに気づくのでしょうね。私も、まだまだ「サットサンガ」を繰り返していきたいです。個の自分から大我へ・・・

9月30日(土)の15:30~ マインドフルネス瞑想会を開催します。まさに、互いに同じ時間の中で委ね合いながら瞑想します。私の小さな「サットサンガ」です。お仲間になりませんか?

★スタジオプラーナ神戸★齊藤

ライアーの音色に癒されてください♪

ライアー

皆さん、ライアーの音色を生で聞いたことがありますか?先日、ヨーガ仲間の自宅にライアー奏者であるジョンビリングさんが来られて、演奏会に参加しました。木のぬくもりのある空間で聞けたので相乗効果でとっても癒されました(^0^)

ライアーとは、木製の弦楽器で、キンダーハーブともいわれ子供の為の竪琴です。日本には、シュタイナー教育と共には入ってきました。

あの「千と千尋の神隠し」で木村弓さんが奏でていた琴です。それを聞くとなんとなくわかりますよね。心と体と魂を癒す楽器とも言われていて、とっても優しい音色です。治療目的として音楽療法にも使われています。

生演奏に感動し、CDをスタジオ用に購入しましたので、是非、お聞きくださいね。