プラーナヤーマ(ヨーガの呼吸法)について

蓮の花のつぼみ

プラーナヤーナは、ヨガの呼吸法のことです。スタジオの名前でもあるプラーナとは、生命のエネルギーのことです。

その生命のエネルギーを呼吸を調整しながら、プラーナの流れを良くしていきます。プラーナの流れがスムーズになることで、体の調子も比例して整っていきます。

先日、テレビでヨーガの呼吸法をすることで不眠症の方が改善したという話をしていました。実際に、スタジオに来られている生徒さんにもそのような変化が現れています。「ヨーガした後は良く眠れる~」と言われます。

その呼吸法のなかでも特にナーディ(気の通り道)を良くして、夜の寝つきを良くして、眠りの質も高める「ナーディ・ショーダナ」という呼吸法があります。今日は、その呼吸法をご紹介します。

①胡坐を組める方は、胡坐で座ります。膝の痛い方は、椅子でもOKです。背筋を伸ばしますが、首や肩、胸からお腹の力を抜きます。

②右手を使います。人差し指と中指を内に曲げます。残りの指を使います。

③親指で右側の鼻を押さえます。その左側の鼻から息を入れていきます。お腹~胸~喉と息が入ったら、その左側の鼻を薬指と小指で塞ぎます。そして、右側の鼻から吐いていきます。ゆっくりと、吐く方を長くを意識します。

④右側から吐き終えたら、右側から、今度は吸っていきます。そして、いっぱいに息が入ったら、左側の鼻から吐きます。これを交互に繰り返していきます。

⑤慣れてきましたら、吐く息をできるだけ長く、吸った長さの2倍で行っていきます。3~5分くらいを一日3回くらい、朝、昼、夜の寝る前に行ってみてください。繰り返すことで効果が高まります。何度も繰り返すことで免疫力もupします。

*自律神経が整います。呼吸が安定することで心に穏やかさが広がっていきます。日々、起こる色々なことに引きずられている心を、「今ここの瞬間」へと戻らせてくれます。集中力も高まります。

気持ちが昂るとき、不安で気持ちがザワザワして落ち着かないときも行ってみてくださいね♪ 呼吸だけに意識を向けてくださいね。

*クラスの最後にプラーナヤーマ(ヨーガの呼吸法)は必ず行います。ぜひ、体験しに来てくださいね。ヨーガのポーズで体を動かして緊張を緩めて、その後に行うことで効果は更に高まりますよ♪

4月のスタジオ →明るいスタジオですよ(^0^)

       ★☆★ スタジオプラーナ神戸 ★☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です