★ パタンジャリのヨーガ・スートラ ★

ガンジス川

ヨーガというと、体を柔軟にさせたり、リラックスしたりする為の姿勢、ポーズを思い浮かべると思います。しかし、ほんの一部の側面で、本当の意味や目的は、心のコントロール法であり“心の科学”なのです。

この心の科学は、ラージャ・ヨーガと言われています。そのラージャ・ヨーガの原典が「パタンジャリのヨーガ・スートラ」と呼ばれています。

スートラとは「糸」。一つ一つのスートラは必要最低限の意味の糸であり、200近くのスートラを四部門にわかて説かれています。このスートラは、意味深く、すぐには理解できない難問です。師が弟子に伝えるときも幅を持たせて、何度も説明し、更には、体験し実践していかないと、体に染み込んでいかないのです。代表的なスートラをご紹介しますね。

ヨーガ・スートラ 第一章 2節 です。

YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH

ヨーガ チッタ ヴリッティ ニローダハ

心の作用を止滅することが、ヨーガである

このスートラで、パタンジャリはヨーガの目標を示しています。この一つのスートラで十分とも言われています。心の作用、働きを止滅することが成し遂げられたならば、人は、ヨーガの最終目標に到達したことになる

皆さんどうでしょう・・・心のおしゃべりは止まりませんよね。過去や未来へと行ったり来たりの心。黙っていても独り言、心はおしゃべりしています。時には、起こった事実を、さらに大きく膨らませたり、このままだと、心は静まりませんね。心を乱すだけのおしゃべりに意味がないことをパタンジャリは伝えようとしているのではないでしょうか。。。

この心の止滅に向かうには、ヨーガのポーズと呼吸に集中する!今、やらなければいけないことに集中する!

これを繰り返し行いながら、更にはヨーガの聖典を勉強し紐解きながら、まだまだ道は長いですが、その方向に向かって進んでいきましょう。 心が穏やかになり、大切な「今の瞬間」にすべての意識を向けれるようになりますように・・・

パタンジャリのヨーガスートラについては、またブログにアップしていきますね(^0^)/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です