ブログ

スタジオプラーナ神戸のブログです。日々の生活で気づいたこと。ヨガについて、皆様の健康に役立つ事を書いていきます♪

ブログ一覧

マントラの効果が研究され始めました★

2018年の6月8日のNewsweekで「サンスクリット語でマントラを詠唱すると、脳の脳灰白質が増加する」という研究報告がありました。

伝統的なヨーガの教えでは、アーサナ、呼吸法に加えてマントラの詠唱を行います。レッスンの始まりに唱えたり、アーサナの間に唱えたりします。サンスクリット語で唱えます。

代表的なマントラは、「Om オーム」です。応諾するオッケーする了承するという意味です。人生に起こる様々な出来事に対しての受け止め方を表します。

古代のインドで使われていた言語「サンスクリット語」で唱えるマントラは、日本では真言とも言われます。日本の仏教で唱える真言の始まりがマントラとも言われています。神秘的な力を持つとされています。唱え方には一定のルールがあり、正しく唱えることで恩恵が得られます。

この神秘的な力を持つマントラを唱えることで、大脳辺縁の一部である「海馬」の部分にある脳灰白質が活性化されるということです。この「海馬」は、記憶や空間学習能力に係わる脳の器官です。アルツハイマー病で最初に病変する部位です。そこが停滞し萎縮するとアルツハイマー病やうつ病を発症すると言われています。

心理的ストレスを長時間受けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経が破壊され気力が減退します。

この研究は、サンスクリット語を英語に翻訳する際に認知力が「深くシフト」することに気づいたことにより、研究が始まりました。サンスクリット語のマントラを子供の頃から記憶し唱えている男性を複数人集めて、インドの国立脳科学研究所にてMRIを使い、唱えている方とそうでない方で比較して統計をとったそうです。

研究者であるハーツエル博士は、「海馬がこれほとまでに拡大した様子を示す研究を見たことがない」として、アルツハイマー病などの病気に効果があると期待しています。

ヨーガでは、サンスクリット語のマントラを唱えることで、周りの空気を浄化し、心を静めて、思考をクリアにしていくと言われています。ざわざわしたいた思考が静まることで、「今ここ」に意識が集中します。研究が進むことでサンスクリット語のマントラが、ヨーガをしている人だけのものではなく、多くの人の力になればいいですね。

スタジオでは、クリシュナマチャリア師の教えをインドで学ばれた宗近幸代先生から習ったマントラを唱えています。是非、体感しに来てくださいね♪

om ayur dhehi  心身の健やかさに繋がりますように~

★☆★ スタジオプラーナ神戸 齊藤 ★☆★

 

幼稚園のママ達とヨーガを楽しみました(^0^)

垂水区にある桃ノ木幼稚園で、ママ達に向けたヨーガレッスンをさせていただきました(^0^)この幼稚園で役員をしているママさんとは、マタニティヨーガからのお付き合いです。

マタニティヨーガで出会い、無事に女の子を出産、そして、ママ&ベビーのクラスでも一緒にヨーガを楽しみました。その後、お仕事に復帰されました。どうしているかなぁ?と思っていたら・・・なんと、数カ月前にバッタリと電車の中で再会しました。その事がきっかけで、ママ達へのヨーガの企画に繋がりました。

この桃ノ木台は、私にとっても懐かしい場所なのです。震災後に住んでいたマンションの立て直しをしている間に2年間住んでいました。この日は、開始の時間より早くついたので、ご近所を散策してみました。上の娘が幼稚園の年少さんの頃を過ごしたハプニング多き思い出の詰まった地。月日の流れを感じたり、その頃と変わらない風景に癒される時間を過ごすことが出来ました。

幼稚園に近づくと、朝の挨拶の大きな声。お歌を歌う可愛い声が聞こえてきます♪ 自然と笑みがこぼれる。そして、走馬灯のように幼稚園時代の娘たちの姿がよみがえってきました・・・

お腹にいる時から1歳半まで知ってるAちゃんとの再会がありました。年長さんになって元気に体操していました。すくすくと大きく成長していて、本当に懐かしくて嬉しい~

そして、お子さんを送って来たママ達とのヨーガの時間が始まりました。自分の為にゆっくりする時間がなかなかとれない子育て真っ最中のママ達。このひとときを楽しんでいただこう(^0^)!

ヨーガは自分と向き合う時間。ヨーガの動きや呼吸をツールとして自分と向き合ってもらいました。自分の呼吸を眺めながら体を動かしていきます。肩の力が緩む~呼吸が深まる~体が温かくなる~眠たくなってきた~あっという間の1時間。終わった後は、ママ達の表情が和らいでいました。ママ達の笑顔が本当に素敵!

リラックス出来た! 気持ちよかった~。体が温かくなった。肩がほぐれた~。などの感想がいただけました。

子育ては楽しいことも多いけど大変。ママ達は常に緊張して頑張っています。たまには頑張らない自分も認めてあげましょう♪♪ママがリラックスして笑顔になると、それがお子さんに伝わり、お子さんのパワーの源になります。

元気に走り回る園児達、優しく見守る先生の姿にこちらが元気をいただき、癒されました。企画してくれたママさんありがとうございました。素敵な出会いと繋がりに感謝します💛

★☆★ スタジオプラーナ神戸 水谷 ★☆★

6月のキャンペーンのお知らせです(^0^)/

スタジオの周りに紫陽花の花が咲き始めました。もう6月ですね。

もうすぐ始まる梅雨の時期は、湿度が上がり、体が重だるく何だかやる気がしない日もありますよね。そんなときは体を動かしながら気持ちを前向きに変化させていきましょう♪

6月のキャンペーンは、一か月通い放題のフリーticket(10800円)を購入の方にヨガタオルマットをプレゼントします。この機会にフリーticketを購入しませんか?

ヨガを始めるのにもとってもいいチャンスです!

マットの上にヨガタオルを敷くと、汗を吸収してとっても心地よくシャバアーサナが出来ますよ(^0^)

普段は無意識の呼吸を意識しながら、呼吸の始まりから終わりまでを眺めながら、今を感じていきましょう。思考が静まり、心地良さが広がっていくのを感じてみましょう。

本当の幸せは心の平安から始まります・・・

★スタジオプラーナ神戸★

 

 

 

苦手なことにチャレンジ!

苦手なこと。皆さんもきっとありますよね(^0^)

でも、ずーっとそれを気にしているという事は、絶対したくない事ではなくて、いつかはチャレンジして克服したいことなのかもですね。そんな経験をした私のお話です(^0^)

昨年の秋から始めた「自分磨きのプロジェクト」

苦手なこと、でも気になっていることにチャレンジしてみることにしました。そして、気にかけているとチャレンジしてみない?というチャンスがやってくるのです。

「古典インド舞踊を、もっと一般の人にも楽しんで踊ってもらう企画があるので、一緒にやってみない?」以前からインド舞踊を習っている友人から誘われました。そして、その発表の舞台は、子供のころから見るだけであった「神戸まつり」なのです。これは、チャレンジするチャンスかも???

誘ってくれた友人の舞台は見たことがあります。本当に嫌なら即答で断るはず、しかし、ちょっと待って、これはチャレンジする時が来たのかも、自分の中で少し変化がありました!

マタニティベリーダンスは、マタニティ協会の講習で、マハ先生から習ったことはあります。ゆっくりと、腰を回したりしながら、安産を目指すのもので、私にも出来ました。そのマハ先生が、「出産のときにココロが開かないと体が開かないのよ」と、講習の度に話していたのを思い出しました。私も、新しい光に向かって産み出すときがきたのですね。

ここからは、思った以上にそれは大変(-0-)

みんなの練習についていくのに、手が足がうまく動かないのです。みんなの軽やかなステップが踏めない。。。予想以上に、かなりの修業の日々でした。その一方で、練習に参加しながら少しづつ楽しさを感じてきたのも事実です。

練習の度に、何度も同じところが分からない私。根気強く練習に付き合ってくれた先生、仲間には本当に感謝です。仲間との信頼、繋がりが出来ると、自然とココロがオープンになっていくのですね~ 音楽に体を委ねてみると、自然と体に動きが入ってきました♪

そして、写真のように舞台に無事に立つことができました(^0^)!

あがり症だから、この舞台のことを誰にも言ってなかった私。皆さん、私のチャレンジに応援してくれる方々ばかりで、「もっと早くに言ってくれたら見に行ったのに~」「見たかった~」と言ってくださいました。温かい言葉、ありがとうごさいます💛

今回は、申し訳ありません。いっぱい、いっぱいでした。次回に、チャレンジする時は早めに伝えますね(^0^)

(2018年5月20日)神戸

★☆★ スタジオプラーナ神戸 水谷 ★☆★

命について考える機会をいただきました(^0^)

2018年5月12日に、私が世話人をしている「がん患者グループ ゆずりは」の定例会議に音羽観音寺(奈良県)副住職佐々木慈瞳氏が来られ「いのち」についての講演をしていただきました。(写真の左が佐々木住職です。右は、ゆずりはの会長です。)

~いま、ここにある「いのち」を考える~

今を生きる会員さん、病気を抱えている方、介護、看病をしている方、ご家族をがんで亡くされた方々など、色々な背景をお持ちの方々です。みなさん真剣なまなざしで、佐々木住職のお話に耳を傾けました。

佐々木住職が関わった方々、緩和ケア病棟で出会った患者さんや家族なと、表現力が豊かな住職は、短い繋がりの中で、関わった人の「いのち」を次の世代の「いのち」に繋げていく様子がお話から伝わってきました。

講演が終わった後で、皆で縁になって語り合いました。

「いのちを分ける」

自分の命ってなに?自分だけのもの?亡くなってしまったら無くなるもの?

皆さん、頭の中で色々な考えが頭を巡りました。一人の方は、物語りと物語が少しづつ重なり合っていくもの。とてもロマンチックな表現で語ってくださいました。

私は、自分の命は、関わった人の命と合わさり生き続けていくもの。関わった方の命も私の中に生き続けていくバトンを渡し合って生き続けていくものではないかと思いました。近い関わりだと、祖父、祖母、父、母の思いも私の中に生き続けています。早くに亡くなった私の友人も、私の中に生き続けています。

自分だけのものではないもの。繋がっている。大きくひとつもの。

人は、人の鏡といいますが、出会った方々の影響はすごいものがあります。互いに鏡となり繋がり成長していくものであると思います。

佐々木住職も、いのちは「鏡」と言っていました。鏡と鏡が重なり合って、相手の鏡に自分が写り、自分の鏡に相手が写りと、色んな鏡が重なり合っているもの。

皆さん、真剣に「いのち」について話あって、心が温かくなる講演会でした。

この会の名前な「ゆずりは」です。「ゆずりは」の名前の由来は、春に枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれにゆずるように落ち葉となり落下する姿が、名前の由来です。次の葉っぱに「いのちを分ける」それが繰り返されるのですね。

私たち繋がりながらエネルギーを与え合いながら生きているのだなあ。と改めて考える機会を与えていたたきました。

(ゆずりは)

★☆★ スタジオプラーナ神戸  齊藤 ★☆★